Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

BINDing 愛菜 バニーVer. 若者の大愛商品

BINDing 愛菜 バニーVer.
BINDing 愛菜 バニーVer.イラストポストカード付き新品未開封になります。 届いたままの状態での発送になります。 すり替え防止の為、返品・交換対応できません。 タバコは吸っていません。 ネコ飼っています
バイデン米大統領=2022年10月19日、ロイター 拡大
バイデン米大統領=2022年10月19日、ロイター

 米バイデン政権は19日、電気自動車(EV)に搭載する電池の国内生産拡大に28億ドル(約4200億円)の補助金を交付すると発表した。電池生産に必要なレアアース(希土類)などを米国企業で生産できる体制を整え、中国に調達を依存している現状を改める。日本や欧州諸国とも連携して電池生産に必要な供給網(サプライチェーン)を米主導で構築し、「脱中国」を加速させる考えだ。

 オハイオ州など12州の20社が対象で、EVに搭載する電池用リチウムや黒鉛などの生産、加工、リサイクルを支援する。年200万台分のリチウム生産、年120万台分の黒鉛生産をそれぞれ目指す。2021年11月に成立したインフラ投資法に基づく措置。

 バイデン政権は30年に米国で販売される新車の半分を、温室効果ガス排出ゼロのEVなどにする目標を掲げ、国内のEV生産を後押しする政策を打ち出している。ただ、世界のレアアース生産の6割は中国が占めており、中国から独立した新たなサプライチェーンの構築が課題となっていた。政府高官は「重要なレアアースのサプライチェーンの大部分を中国が支配しているのが現状。米国内の採掘や加工能力の不足はEV生産を妨げている」と述べ、企業支援の重要性を強調した。【ワシントン大久保渉】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest