Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

そらのおとしものf(フォルテ) ニンフ talentご挨拶不要^ ^様用 爆売り!

そらのおとしものf(フォルテ) ニンフ talentご挨拶不要^ ^様用
そらのおとしものf(フォルテ) ニンフ -水着Ver.- 1/6 完成品フィギュア 未開封品となります。 購入してから暗所にて保管しておりました。 外装の箱に目立った傷はありませんが、経年による多少の劣化があると思われます。 一度人の手に渡ったものであることを考慮の上で、購入をお願いします。 #ピーエムオフィスエー_PLUM #そらのおとしものf『そらのおとしもの』シリーズ #ニンフ #そらのおとしものf_フォルテ_ニンフ_水着Ver__1_6完成品フィギュア
米連邦議会議事堂を取り囲むトランプ氏の支持者ら=米ワシントンで2021年1月6日、高本耕太撮影 拡大
米連邦議会議事堂を取り囲むトランプ氏の支持者ら=米ワシントンで2021年1月6日、高本耕太撮影

 2021年1月の米連邦議会襲撃事件を調査する下院特別委員会は21日、トランプ前大統領(共和党)に宣誓証言や文書の提出を命じる召喚状を出した。11月4日までに事件に関係する文書を提出し、11月14日ごろに宣誓証言に臨むよう求めている。米議会が大統領経験者に召喚状を出すのは異例だ。トランプ氏側が受け入れるかどうかは明らかではない。

 特別委は民主党が主導している。中間選挙(11月8日)を前に、トランプ氏が20年の大統領選の結果を覆そうとしたことが支持者による議会襲撃につながったことを改めて強調し、民主党への支持につなげたい思惑もあるとみられる。

 特別委のトンプソン委員長(民主党)とチェイニー副委員長(共和党)は21日の声明で「(トランプ氏が)大統領選の結果を覆し、平和的な権力移行を妨げようとする試みを個人的に画策、監督していたという膨大な証拠を集めた」と説明。「大統領が選挙結果を覆すという前例のない試みの中心にいて、最終的に我が国の連邦議会を襲撃する結果となった」とトランプ氏を非難した。

 特別委は、20年大統領選で「不正があった」との虚偽情報を流布させた▽州の政府・議会幹部に選挙結果を変更するよう圧力をかけた▽議会襲撃開始後、数時間にわたり、支持者に襲撃をやめるよう呼びかけるのを拒否した――など具体的な「不正」の内容も列挙した。

 そのうえで、トランプ氏と近い政治コンサルタントのストーン氏、フリン元大統領補佐官、弁護士のイーストマン氏、元司法省幹部のクラーク氏ら特別委が襲撃事件との関係を疑う人物とのやりとりについて、証言するよう求めた。

 特別委は「大統領経験者の召喚は、重大で歴史的な行為だ」と認めながらも、セオドア・ルーズベルト氏ら7人の大統領経験者が退任後に議会で証言したことや、ニクソン氏ら3人が在任中や退任後に召喚状に基づく文書提出に応じたことを挙げて、トランプ氏にも召喚に応じるよう求めた。

 提出が求められた文書は、事件当日のすべての通話・通信記録や動画・画像▽連邦議会での大統領選集計手続きや襲撃事件に関係する全ての文書▽襲撃事件に関与した極右団体に言及した文書類――など計19件に及ぶ。特別委は通信アプリ「シグナル」に何度も言及しており、トランプ氏らがシグナルで頻繁に通信していたとみている模様だ。

 宣誓証言は数日に及ぶ可能性があり、遠隔通信を介した証言や黙秘権の行使も可能だ。米紙ニューヨーク・タイムズによると、トランプ氏個人はライブ中継を条件に証言に応じることに関心を示しているという。ただ、同紙は法律の専門家らの見方として「トランプ氏の弁護士が証言を許すとは思えない。(召喚に応じる)可能性は低い」と指摘している。

 トランプ氏が召喚に応じない場合、下院が議会侮辱容疑で刑事告発することもできる。側近のバノン元首席戦略官は特別委の召喚を拒んで議会侮辱罪で起訴され、21日に連邦地裁で禁錮4月と罰金6500ドル(約96万円)の判決を言い渡された。ただ、大統領経験者に対する刑事告発には慎重な意見もある。中間選挙で共和党が下院を奪還すれば、翌年1月の新会期から特別委の活動が停止し、召喚も事実上無効になる可能性がある。

 特別委は10月13日の公聴会で、トランプ氏に宣誓証言を命じる召喚状を出すことを全会一致で決めていた。特別委は民主党が主導し、共和党の反トランプ派のチェイニー、キンジンガー両下院議員も加わっている。トランプ氏は一連の調査に関して「政治的な魔女狩りだ」と反発している。【ワシントン秋山信一】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest