Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

【絶版】メディコムトイ 24人のブルース・リー展6体 & 超激レア!フィギュア! 定番

【絶版】メディコムトイ 24人のブルース・リー展6体 & 超激レア!フィギュア!
メディコムトイよりリリースされた『24人のブルース・リー展』の中より、6体のセットです。 香港のアーティスト、エリックソウとメディコム・トイのコラボにより展開されたシリーズです。 映画や実生活にて、ブルース・リーが実際に着ていた服を元にフィギュア化。 こちら、全て、開封品です。 購入してすぐに、本体を固定してある針金を、衣裳に跡が付かないように外し、またケースに入れておりました。 ですので、可動させたりはしておりません。 全て販売店にて、顔の塗装の良いものを選んでいます。似ているか?は、かなり塗装で左右されますので。 ただ、随分前に発売された商品ですので、箱のダメージ、衣裳の変色がございます。 ※画像を拡大して、よくご確認下さい。 ◎商品についてご不明な点は、遠慮なくコメントにてご質問下さい。 この頃のメディコム商品は経年による破損が多々ございます。可動を確認しておりませんので、ケースから取り出した途端にポキッ!っという場合もあるかもしれません。 それら全てをご理解頂いた上でご検討下さい。 ご購入後に「こんなはずじゃ無かった!」という事の無いように、レア度、希少価値にご理解ある方のみ、お取り引きお願い致します。 ①アメリカの自宅バックヤードにてトレーニングしていたスウェット上下 ②空手トーナメントにて自ら創始したジークンドーについて演説する際着用した服 ③映画『かわいい女』に出演した時の衣裳 ④プライベートで着ていたレザーコート ⑤プライベートで気に入って着ていたアフリカの民族衣装 ⑥プライベートで着ていたブルゾン ファンの方なら「ああ知ってる♪」な、衣類ばかりです。 ⑦オマケとしとて ブルース・リー /BRUCE LEE'S LEGEND /世界700体限定/フィギュア シリアルナンバー、123/700 をお付け致します。 こちら、未開封品だったのですが、地震による落下で、ケースが破損してしまいました。ボロボロですが、ケースも同封致します。シリアルナンバーの帯が価値ありますので。 それなりに希少価値のある商品ですが、ダメージ、変色ありますので、あくまでもオマケ扱いです。 #ブルース・リー #24人のブルース・リー展 #李小龍 #brucelee #李小龍 #ジークンドー #メディコムトイ
新型コロナウイルスのワクチン接種準備が整った注射器=手塚耕一郎撮影 拡大
新型コロナウイルスのワクチン接種準備が整った注射器=手塚耕一郎撮影

 厚生労働省の専門部会は19日、新型コロナウイルスの追加接種用ワクチンについて、「5カ月以上」としていた接種間隔を「3カ月以上」に短縮する案を了承した。同省は近く短縮を正式決定する。

 重症化のリスクが高い高齢者の多くは今年7、8月に4回目接種を済ませている。接種間隔の短縮により、これらの人も年内に5回目の追加接種を受けられるようになる。今冬は季節性インフルエンザとの同時流行も懸念されており、政府は追加接種を加速させ、流行の波を抑制したい考えだ。

 接種間隔の短縮を認めるのは、ファイザー、モデルナ両社のオミクロン株対応ワクチン(2価ワクチン)と、従来型のワクチン。5~11歳向けの小児用ワクチンの追加接種は、従来通り5カ月間隔を維持する。

 国内で9月から実用化された2価ワクチンは、ファイザー社製が12歳以上、モデルナ社製が18歳以上が対象。2価ワクチンの追加接種により、オミクロン株に対し従来型ワクチンを上回る重症化予防効果や、一定の発症や感染を防ぐ効果が期待できるとされる。

 厚労省は9月、2価ワクチンを承認した際、接種間隔を5カ月以上と設定。当初は供給量が限られており、接種現場でワクチン不足を招かないための政策的判断だったが、米国が2カ月以上、欧州が3カ月以上の接種間隔としていることから、専門家から短縮を求める意見が出ていた。

 一方、厚労省は1~2回目を未接種で、接種を希望する人に対して、従来型ワクチンの供給が年内で終了するとして、年内に接種を終えるよう呼びかけている。【村田拓也】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest