Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

すけまる様専用 ムービー・マスターピース 『ジョン・ウィック:チャプター2 』 絶対一番安い

すけまる様専用 ムービー・マスターピース 『ジョン・ウィック:チャプター2 』
ムービー・マスターピース 『ジョン・ウィック:チャプター2 』1/6スケールフィギュア ジョン・ウィック 製品仕様 【スケール】1/6 【サイズ】高さ約31cm 【可動ポイント】30箇所 【セット内容一覧】 フィギュア本体 ピストル(×2) ピストル(ケース収納可) ピストル(サイレンサー付き) ショットガン(×2) ライフル ナイフ 誓印(開いた状態) 誓印(閉じた状態) ピストル用ケース 金貨束(×3) 金貨(×5) 鉛筆 差し替え用ハンドパーツ(×8) バックボード 特製台座 解説 ホットトイズの「ムービー・マスターピース」シリーズに、大人気アクション映画『ジョン・ウィック:チャプター2』がラインナップ! 俳優キアヌ・リーブスが演じる伝説の殺し屋、ジョン・ウィックが登場だ! 『ジョン・ウィック:チャプター2』に登場するジョン・ウィックを、全高約31センチ、30箇所以上が可動するハイエンドな1/6スケールのフィギュアとして立体化。 新規造形となる、演じるキアヌ・リーブスの肖像権をクリアしたヘッドは、皮膚の質感や皺、髪型や髭などを再現すべく、一つひとつハンドペイントによる塗装が施されている。 スーツ、シャツ、革靴などのコスチュームは、質感やディテールにこだわり、細部に至るまで精巧な仕上がり。 武器として、ピストル3種、サイレンサー付きのピストル、ショットガン2種、ライフル、ナイフなど豊富に付属している。 アクセサリーとして、サンティーノが持っていた誓印、ピストルとマガジンを収納できるケース、金貨、鉛筆が付属。 誓印は、開いて血判が見えた状態と閉じた状態の2種類が付属するぞ。 多彩な差し替え用ハンドパーツを使用すれば、さまざまなアクションシーンを演出することができる。 台座の天面には誓印のマークがあしらわれており、劇中の場面がプリントされたバックボードが付く特別仕様だ! (あみあみより) 美品だと思います。 箱には擦れ傷等があります。 アクリルケースに入れていました。 あくまで素人保管の中古品ですので、ご理解の上、ご購入いただきますようお願いいたします。 フィギュア種類···コレクションフィギュア スケール···1/6 素材···その他 #ホットトイズ#ムービーマスターピース#ジョン・ウィック
判決後、被害者の稲田真優子さんの写真を手に記者会見する兄の雄介さん=大阪市北区で2022年10月20日午後4時43分、滝川大貴撮影
判決後、被害者の稲田真優子さんの写真を手に記者会見する兄の雄介さん=大阪市北区で2022年10月20日午後4時43分、滝川大貴撮影

 大阪市北区のカラオケパブで2021年6月、経営者の稲田真優子さん(当時25歳)を刺殺したとして、殺人罪に問われた常連客の無職、宮本浩志被告(57)の裁判員裁判で、大阪地裁は20日、懲役20年の実刑判決(求刑・無期懲役)を言い渡した。大寄淳裁判長は「無慈悲で残酷な犯行であり、相当に計画的だ」と指弾した。

 「25年間、一生懸命生きてきた真優子の命の価値が『20年』ということなのか。納得できない」。被告に懲役20年の判決が言い渡された後の記者会見で、稲田さんの兄雄介さん(30)は目を赤くしながら訴えた。

 雄介さんは事件後に複数回、宮本被告への接見を試みたことがある。「何があったのか直接確かめたい」との一心で行動に移したが、被告には会えなかった。

 宮本被告は公判で「判決は死刑を宣告してほしい」と述べる一方、起訴内容の認否について黙秘を続けた。雄介さんは母親とともに被害者参加制度を利用して法廷で意見陳述した際、「真実を語ってほしい」との思いで被告に頭を下げたこともある。しかし、遺族の思いは届かず、被告が公判で事件の核心部分を語ることはなかった。

 雄介さんは会見で「反省も謝罪もなく、真優子がかわいそうだ。裁判では自分の罪と向き合ってほしかった」と憤った。

 一方、判決後に記者会見した裁判員の一人は「被告が死刑を望むと聞いて面食らった。その理由を聞きたかった」と話した。【安元久美子、戸田紗友莉】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest