Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

bearbrick Andy Warhol BASQUIAT 400%&100% 【返品交換不可】

bearbrick Andy Warhol BASQUIAT 400%&100%
Andy Warhol × JEAN-MICHEL BASQUIAT #1 100% & 400% 即購入OK 新品の状態です。 中身を確認するため、外装開けました。 MCTオンラインショップにて購入。 他のベアブリックも出品してますので、ぜひここをクッリクしてみてください。→#chocosbearbrick #bearbrick #ベアブリック #medicomtoy #andyworhol #バスキア
旧統一教会に入信、脱会した母を描いたドキュメンタリー映画「belief」を監督した土居哲真さん=京都市上京区で2022年10月21日午後7時9分、菅沼舞撮影
旧統一教会に入信、脱会した母を描いたドキュメンタリー映画「belief」を監督した土居哲真さん=京都市上京区で2022年10月21日午後7時9分、菅沼舞撮影

 ごく普通の、お人よしな母がなぜ――。安倍晋三元首相の銃撃事件をきっかけに、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の信者による高額献金や政治との関係が問題になる中、信者だった母親にカメラを向けた15年前のドキュメンタリー映画がリバイバル上映されている。信仰を巡って揺れ動く家族や周りの人々の姿は、誰の身に起こってもおかしくない現実を突きつける。

 2007年公開の「belief」は、監督の土居哲真さん(46)が旧統一教会に入信した母や、母の近くで暮らす兄一家、母を勧誘した信者、被害救済に当たる弁護士や専門家らとの対話を通じ、新興宗教にのめり込んでいく心の有りようを丹念に掘り下げた映画だ。

 土居さんが母の異変に気付いたのは04年。当時、岐阜県内の大学院に通っていた土居さんはうつを患い、母に電話で悩みを聞いてもらうことが度々あった。

 ある時から、母が電話越しに「神が救ってくださる」と頻繁に口にするようになった。実家は浄土真宗の寺。それまでは「仏様」だったのになぜだろうと思った。ほどなくして、母が旧統一教会に傾倒し、関連施設に通っていることが分かった。印鑑やつぼ、絵画、高麗人参(にんじん)茶なども購入し、献金総額は約2000万円に上っていた。

 学生時代から自主映画を撮っていた土居さんは、ビデオカメラを手に広島の実家に戻った。「カメラ越しなら母の本音を引き出せるかもしれない。これは映画になると直感的に思った」と振り返る。

映画「belief」の一場面。対話を重ね、宗教にとらわれた母の思いを聞いている=土居哲真さん提供
映画「belief」の一場面。対話を重ね、宗教にとらわれた母の思いを聞いている=土居哲真さん提供

 なぜ入信し、大金を献金したのかなど答えづらい質問にも、母は苦悩しながらぽつりぽつりと答えた。悩みを抱える息子のため、先祖のためと考えて信仰を深めた母。勧誘した信者も社会を良くしたい、隣人を救いたいとの思いだったと感じ、怒りはわかなかった。

 母はその年、土居さんの強い願いで脱会。「心配しなくてもいい」と思えたのは、兄一家に次男が誕生した時だった。孫を見守る母の背中を見て、旧統一教会のことが家族にとって過去のものになったと思えた。

 母は家族のためだと話したが、入信した当時は母が長年勤めた仕事を辞め、数年前に夫も亡くして孤独になりがちな時期でもあった。「心が弱った時、『これが答えだ』と示してくれる人にすがってしまう。ひとごとではなく、誰の身にも起きうることだ」

 旧統一教会が合同結婚式や霊感商法で社会の耳目を集めたのは1990年代。映画を初公開した当時、土居さんは「過去の出来事」だと受け止めていたが、上映後に観客から「実はうちの家族も……」と悩みが次々に寄せられ、問題が現在進行形であることに衝撃を受けた。

 それから15年。リバイバル上映は、初公開時に上映した名古屋の映画館の支配人からの提案で実現した。当初は事件に便乗している気がして断るつもりだったが、「この映画を必要としている人たちがいるかもしれない」と思い直した。

 団体名を隠しての勧誘や高額献金、政治家との根深い関係などが次々と明らかになる現状に驚きつつ、土居さんはこう警鐘を鳴らす。「放っておいたらみんな忘れ、また同じことが繰り返される」

京都で27日まで上映中

 「belief」は京都市上京区の映画館「出町座」(075・203・9862)で27日まで上映。DVDはビデオアクト(http://www.videoact-shop.com/)で販売している。【菅沼舞】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest