Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

アイズプロジェクト フィギュア モンキー バイクフィギュア バイクガール 割引購入

アイズプロジェクト フィギュア モンキー バイクフィギュア バイクガール
オリジナルキャラクター ・完全限定200台‼️。 HONDA MONKEYのダイキャスト製精密バイクつき仕様。 『イベント販売限定商品。』 ●既に廃盤。 『『Amazonでは72,600円です。』』 画像① 1/10スケール 塗装済み完成品。 AIZUプロジェクト 限定。 エブロ 製ホンダ モンキー Z50M 1967年。 アイズプロジェクト 製塗装済み完成品 モンキーガール。 購入後、一度だけモンキーの『ハンドル、シート』の動作確認の為、透明BOXから取り出しております。 (動作問題無し) フィギュアは袋から取り出しておりません。 動作確認、内容物確認の後は箱に戻し、現在まで保管中です。 画像①〜⑦はメーカーサンプルです。 (モンキー、フィギュアを取り出して乗車状態撮影したくなかった為) モンキーは台座からも外しておりません。 台座設置のまま『ハンドル、シート確認動作』をしております。 一度開封しておりますので『未使用』とは記載しておりません。 かなり以前に廃盤となり、現在では『モンキーのみが かろうじてフリマサイトで見かける程度』です(高価)。 箱をガラスケース内に入れ、鑑賞しております。 過去に取り引きトラブルがあり、それ以降梱包の際は動画撮影(出品物がセット等の場合、枚数を数えその状態で梱包)しております。 ※動画撮影→追跡番号付き匿名配送→不着(商品が届いてない)の言い逃れは出来ません。 又、『わざとトラブルを起こし、事務局対応キャンセルに持って行き、購入者が 返金&購入物返還しなくてよい(自分の購入金は戻り、かつ品物も返還しない)事の防止策』です。 当方、これら事案を『詐欺罪(1項・2項)』で管轄警察署に被害届提出実績あり。詐欺罪は『罰金の判決』は御座いません。※ プラモ完成品、精密ミニカー 等の完成品、額入りテレカ&ワッペンの内部ズレ等の輸送中の破損・ズレ等は購入者様ご自身で修復して下さい。 何卒宜しくお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。 当方の『プロフィール欄の必読』も宜しくお願い致します。 フィギュア フィギュア完成品 バイク バイクフィギュア バイクアクセサリー バイクプラモデル完成品 オートバイ オートバイフィギュア 所ジョージ 所ジョージデイトナ 所ジョージ世田谷ベース 東本昌平 東本昌平キリン ミスターバイク
観光船沈没事故を受けた国土交通省の事故対策検討委員会の第8回会合=2022年10月21日午後2時ごろ、木下翔太郎撮影 拡大
観光船沈没事故を受けた国土交通省の事故対策検討委員会の第8回会合=2022年10月21日午後2時ごろ、木下翔太郎撮影

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故を受け、国土交通省は「乗船者名簿」の作成・保管が義務となる旅客船の対象を拡大する方針を固めた。これまで義務とされていたのは長距離航路の旅客船などで、カズワンのように沿岸を航行するものは対象外だった。21日に開催された有識者による事故対策検討委員会の第8回会合で国交省が案を提示し、了承された。

 船員法上、乗船者名簿は「船長が船内に備え置くこと」と規定されている。ただ、沿岸から遠く離れない航路の船舶は作成・保管は義務ではなく、事業者側の判断に委ねられていたという。

 国交省は、現状ではカズワンの事故のような事態になった場合に、巻き込まれた人たちの身元特定が困難になる可能性があると判断。乗船者名簿の作成・保管が義務となる船舶の対象を広げたうえで、「旅客船事業者が原則として陸上に備え置くこと」とする。新たに義務化する具体的な範囲は今後検討する。

 また、国交省は定員12人以下の遊覧船などの事業を始める場合の手続きについて、これまで届け出制としていたものを登録制へと改めることも決めた。届け出制の場合だと、事業者は事業停止や事業取り消しなどの行政処分の対象外とされている。国交省は処分を科せる事業者の対象範囲を広げ、チェック機能を強化する方針だ。

【木下翔太郎】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest