Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

MEDICOM TOY BOUNTYHUNTER 1000% KUBRICK 好評

MEDICOM TOY BOUNTYHUNTER 1000% KUBRICK
サイズ:590x350x130(mm) メディコムトイのバウンティハンター1000%キューブリックです。 2004年頃の物だったと思います。 リリース直後にネットオークションで入手し、その後部屋に飾っていました。 パッケージはありません。 素材は硬質なプラスチックです。 通常のキューブリックのような柔らかめの質感ではありません。 腕と足の付け根はラチェット式回転ですので、本体が重くてもポーズを保持できます。 また、摩耗や劣化でゆるゆるになる事もないと思います。 キズが目立つ素材とデザインですが、足裏などもキレイだと思います。 ベタつきは発生していません。 まとめ購入で送料分お値引き! #turningmarbles 検索用 BE@RBRICK/SHINING/COCOBAT/MADTOYZ/M1号/ソフビ
判決後、被害者の稲田真優子さんの写真を手に記者会見する兄の雄介さん=大阪市北区で2022年10月20日午後4時43分、滝川大貴撮影
判決後、被害者の稲田真優子さんの写真を手に記者会見する兄の雄介さん=大阪市北区で2022年10月20日午後4時43分、滝川大貴撮影

 大阪市北区のカラオケパブで2021年6月、経営者の稲田真優子さん(当時25歳)を刺殺したとして、殺人罪に問われた常連客の無職、宮本浩志被告(57)の裁判員裁判で、大阪地裁は20日、懲役20年の実刑判決(求刑・無期懲役)を言い渡した。大寄淳裁判長は「無慈悲で残酷な犯行であり、相当に計画的だ」と指弾した。

 「25年間、一生懸命生きてきた真優子の命の価値が『20年』ということなのか。納得できない」。被告に懲役20年の判決が言い渡された後の記者会見で、稲田さんの兄雄介さん(30)は目を赤くしながら訴えた。

 雄介さんは事件後に複数回、宮本被告への接見を試みたことがある。「何があったのか直接確かめたい」との一心で行動に移したが、被告には会えなかった。

 宮本被告は公判で「判決は死刑を宣告してほしい」と述べる一方、起訴内容の認否について黙秘を続けた。雄介さんは母親とともに被害者参加制度を利用して法廷で意見陳述した際、「真実を語ってほしい」との思いで被告に頭を下げたこともある。しかし、遺族の思いは届かず、被告が公判で事件の核心部分を語ることはなかった。

 雄介さんは会見で「反省も謝罪もなく、真優子がかわいそうだ。裁判では自分の罪と向き合ってほしかった」と憤った。

 一方、判決後に記者会見した裁判員の一人は「被告が死刑を望むと聞いて面食らった。その理由を聞きたかった」と話した。【安元久美子、戸田紗友莉】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest