Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

BTS TinyTAN Qposket フィギュア 7人 セット 全種類 超特価激安

BTS TinyTAN Qposket フィギュア 7人 セット 全種類
人気のQposketシリーズのBTS 全4種vol.1と全3種vol.2全コンプリートです。 RM ナム JIN ジン SUGA ユンギ J-HOPE ホビ JIMIN ジミン V テテ JUNG KOOK グク +新品•未使用 +即購入OK +まとめ買いで匿名発送可能 +まとめ買いで値下げ可能 +24時間以内発送(土日祝以外) +まとめ買いだと即日発送!土日祝OK →他のフリマアプリにても出品していますので、被ってしまった場合は、早く購入された方が優先となりますので、ご了承下さい。 →新品未使用ですが、自宅保管のため気になる方はご遠慮ください。 →プライズ商品のため、気になる方はご遠慮下さい。 →コメントを返さない方、受け取り処理が遅い方は購入後でもキャンセル処理を行います。又、トラブルの原因になるので、取引をお断りさせてもらいます。 【まとめ買いで値引き有り】 ご気楽にお声かけしてください(⁘‿̑̈⁘) まとめ買いはココ     ↓ #まとめ買いへGO BTS TinyTAN
毎日新聞の単独インタビューに答えるウェンディー・シャーマン米国務副長官=東京都港区の米国大使館で2022年10月25日、北山夏帆撮影 拡大
毎日新聞の単独インタビューに答えるウェンディー・シャーマン米国務副長官=東京都港区の米国大使館で2022年10月25日、北山夏帆撮影

 来日中のシャーマン米国務副長官は25日、東京都内で毎日新聞の単独インタビューに応じた。北朝鮮の核実験の可能性について「近く踏み切るというのが一般的な見方だ」と述べ、間もなく7回目の核実験が実施されるとの認識を示した。

 シャーマン氏は「北朝鮮による核実験は世界が懸念すべき、深刻な問題だ」と指摘した上で、「日米韓は次官級から首脳級まであらゆるレベルで連携して対処している。私が来日している理由でもある」と述べた。北朝鮮はバイデン米政権による対話路線への復帰の求めに応じていない。シャーマン氏は制裁などで北朝鮮を抑止すると同時に「我々は常に外交と対話を呼び掛けており、北朝鮮の選択にかかっている」と強調した。

 また、中国共産党大会で異例の3期目が決まった習近平総書記(国家主席)については「国の支配を完成させた」と明言。中国は法の支配に基づく国際秩序の下で発展を遂げたにもかかわらず、「今は世界全体でなく自分たちを利するルールに書き換えようとしており、不公平だ」と批判した。

 また、習氏が台湾統一に向けて武力行使も辞さない考えを示していることについて、「台湾海峡での現状維持はこれまでずっと機能しており、現状を変更することは誰の利益にもならない」と語り、台湾海峡の安定と平和を維持することの重要性を訴えた。

 一方、ウクライナに侵攻するロシアが「ウクライナが放射性物質をまき散らす『ダーティーボム』(汚い爆弾)を使用する準備をしている」とする主張に対しては、「全くのでっちあげで、極めて憂慮している」と批判。その上で「日本は北朝鮮やロシアが核兵器を使用した場合の影響をどの国よりも理解しており、これらの問題における日本のリーダーシップに感謝している」と述べた。

 シャーマン氏は26日、森健良外務事務次官、韓国の趙賢東(チョヒョンドン)外務省第1次官との日米韓次官級協議に臨む。【金寿英】

拉致問題考慮「対話の道必要」 発言要旨

毎日新聞の単独インタビューに答えるウェンディー・シャーマン米国務副長官=東京都港区の米国大使館で2022年10月25日、北山夏帆撮影 拡大
毎日新聞の単独インタビューに答えるウェンディー・シャーマン米国務副長官=東京都港区の米国大使館で2022年10月25日、北山夏帆撮影

 毎日新聞と25日に会見したシャーマン米国務副長官の発言の要旨は次の通り。

<北朝鮮>

 北朝鮮は近く、核実験に踏み切るというのが一般的な見方だ。世界が懸念すべき、深刻な問題だ。日米韓3カ国の次官級協議が26日に行われる。3カ国が協力すれば、北朝鮮を抑止する上で、より大きな効果を上げることができる。

 我々は外交や対話の道は閉ざしていない。紛争は求めていない。日本には日本人拉致問題という課題もある。拉致被害者家族の話を記事で読んだが胸が潰れそうな気持ちになる。そのためにも対話の道は開けておかなければならない。

 北朝鮮を核保有国として認めてしまうと、核不拡散の約束をほごにすることを促すことになりかねない。米国は同盟国などと結束し、あらゆる手段を使って北朝鮮に、行動には結果が伴うことを理解させる。ただ、同時に外交の道は開かれていなければならない。

<中国>

 第20回中国共産党大会が終わり、習近平総書記は、中国全体の支配を完成させた。中国は法の支配に基づく国際秩序の下で発展してきた。しかし、今は世界全体でなく自分たちを利するルールに書き換えようとしており、不公平だ。米国は日本を含め各国と協力し、法の支配に基づく国際秩序を維持していく。

 台湾海峡をめぐる情勢については、現状を変更することは誰の利益にもならない。しかし、誰も望んでいない紛争の危険がある。台湾海峡の平和を維持しなければならないという強い姿勢を日本も示していることに感謝したい。

<ロシア>

 (ロシアの核使用をほのめかした威嚇は)危険で無責任だ。ウクライナが、放射性物質をまき散らす「ダーティーボム」(汚い爆弾)を使用する準備をしているというロシアの主張は、全くのでっち上げで、極めて憂慮している。ロシアのウクライナ侵攻は欧州だけの問題ではない。もし、他国を侵攻し、領土を奪い取っていいということになれば、世界のどこかで、他の国が同じようなことをやりかねない。【金寿英】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest