Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

kotori様 専用 正規品販売!

kotori様 専用
新品未開封です。 ポストカード付き 質問等ございましたらお気軽に申し付けください。 フィギュア種類···スケールフィギュア
立派な柱や大きな窓が華やかな雰囲気を醸し出す=京都市左京区吉田泉殿町のアンスティチュ・フランセ関西-京都で2022年10月7日午後3時54分、松室花実撮影
立派な柱や大きな窓が華やかな雰囲気を醸し出す=京都市左京区吉田泉殿町のアンスティチュ・フランセ関西-京都で2022年10月7日午後3時54分、松室花実撮影

 京都市の街中から少し外れ、鴨川のほとりや京都大吉田キャンパスに囲まれたのどかな地に洗練されたフランスの文化を感じられる建物がある。フランス政府の公式文化機関「アンスティチュ・フランセ関西-京都(旧関西日仏学館)」。フランス語を学べる他、美しい建築、読書やアート、カフェでのランチなど多彩に楽しめる。【松室花実】

 創立は1927年、京都市山科区に前身の関西日仏学館が開館し、36年には現在の場所に移転して華やかな洋館が建てられた。今も1階の玄関ホールに飾られている絵画は日仏両国で活躍した画家・藤田嗣治から寄贈されたもの。他にも階段の手すりや一部の家具は建築当時のものが残っている。

関西日仏学館が現在の場所に移転した際に寄贈された藤田嗣治の「ノルマンディーの春」は1階玄関ホールに飾られている=京都市左京区吉田泉殿町のアンスティチュ・フランセ関西-京都で2022年10月7日午後3時31分、松室花実撮影
関西日仏学館が現在の場所に移転した際に寄贈された藤田嗣治の「ノルマンディーの春」は1階玄関ホールに飾られている=京都市左京区吉田泉殿町のアンスティチュ・フランセ関西-京都で2022年10月7日午後3時31分、松室花実撮影

 「フランスが来ている、諸君の前に」のキャッチフレーズに多くの学生が集い、ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹も在籍した。当時の写真には華やかな着物や洋服を着た女性も多く映っており、男女平等の教育が進んでいた様子がうかがえる。

 フランスから送られたピアノや蓄音機なども備え、文化交流の場としても根付いていく一方で、国内は次第に戦争の色を強めていく。しかし同館は第二次世界大戦終戦直前の45年4月に軍事工場として接収されるまで授業をやめることはなかった。当時のフランス語教授、オーシュコルヌは「いかなる逆境にもめげず、平和の小島としてとどまろう」と語り、いつ召集令状が届くか分からない学生たちも熱心に通い続けたと伝えられている。

 戦後、58年には京都市とパリが姉妹都市になり、98年には建物が国の登録有形文化財に指定された。2012年に名称を「アンスティチュ・フランセ関西」に変更してからも、さまざまな取り組みを続けている。

 現在、600人ほどが通うフランス語講座は子どもから文化、ビジネス向けなど多様なクラスが用意されている。また、館内のメディアテークではフランスに関する書籍や映像など1万点以上の豊富な資料が誰でも無料で閲覧できる。1階のカフェではカジュアルなフレンチやデザートが味わえる。

アンスティチュ・フランセ関西館長で在京都フランス総領事のジュール・イルマンさん=京都市左京区吉田泉殿町のアンスティチュ・フランセ関西-京都で2022年10月7日午後0時30分、松室花実撮影
アンスティチュ・フランセ関西館長で在京都フランス総領事のジュール・イルマンさん=京都市左京区吉田泉殿町のアンスティチュ・フランセ関西-京都で2022年10月7日午後0時30分、松室花実撮影

 その他、日仏のアートや本に関するイベント、毎月玄関前の庭園に食材や雑貨が並ぶマルシェなど多くの催しが開かれている。館長を務めるジュール・イルマン在京都フランス総領事は「フランス語が分からなくても、文化やライフスタイルを感じに気軽に来てほしい」と呼びかける。

 一歩足を踏み入れてみると、異国の雰囲気が日常を忘れさせ、多様な考えや自由な生き方があると気づかされる。誰にでも開かれた「京都の中のフランス」で気分転換してみるのはいかがだろうか。

アンスティチュ・フランセ関西-京都(旧関西日仏学館)

アンスティチュ・フランセ関西ー京都
アンスティチュ・フランセ関西ー京都

 京都市左京区吉田泉殿町8。京阪電車「出町柳」駅から徒歩約12分。火~金曜は午前9時半~午後9時、土曜は午後7時まで。日月祝は休館。問い合わせは電話(075・761・2105)またはホームページ(https://www.institutfrancais.jp/kansai)へ。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest