Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

ラプンツェル ディズニーストア フィギュア ミラー オーナメント ディズニー 鏡 ホットセール

ラプンツェル ディズニーストア フィギュア ミラー オーナメント ディズニー 鏡
Disney ラプンツェル 数年前に販売されたラプンツェルの窓型スタンドミラーです。 ピンク基調で花がちりばめられた、ラプンツェルらしいフィギュアになっていて、鏡としても、インテリアとしても楽しめます。 写真を入れて窓枠を閉めていただけたら、フォトフレームとしても使えそうです。 ミラーには、ラプンツェルとパスカルのイラストが入ってます。 高さ約23×幅16(cm) 過去発売のものなので現在は販売されていません。 写真のものが全てです。 新品未使用ですが、外箱に少しスレなどございます。また初期から背面に少し白い部分がございました。大切に保管していたため、ダメージなどありませんが、製品特有の色剥げ、色むら、初期キズ、ラメハゲ、ご了承お願いいたします。 自宅保管品ですので、神経質な方、完璧をお求めの方はご遠慮ください。ペイントは人の手によるものですので個体差のあるお品です。 他にもラプンツェルグッズを多数出品中です。良かったらご覧くださいませ。 #Disney #ディズニーストア #ディズニー #ラプンツェル #パスカル #レア #オーナメント #フィギュア #プリンセス #クリスマス #オブジェ #置物 #レア #インテリア #ディズプレイ #ドール #完売 #窓 #プリンセスパーティー #スタンドミラー #スタンド #鏡 #ミラー #フォトスタンド #写真立て #レア #廃盤
難病を乗り越え、主将として全力プレーでチームを引っ張る亜大の田中幹也内野手=神宮球場で2022年4月12日午後2時1分、三浦研吾撮影 拡大
難病を乗り越え、主将として全力プレーでチームを引っ張る亜大の田中幹也内野手=神宮球場で2022年4月12日午後2時1分、三浦研吾撮影

 中日は20日のプロ野球・新人選手選択(ドラフト)会議で、田中幹也内野手(亜大)を6位で指名し、交渉権を獲得した。田中内野手は大学3年時に難病「潰瘍性大腸炎」で苦しんだが、憧れの舞台への道が開けた。

 身長166センチと小柄ながら、50メートル5秒9の俊足と高い守備力は東海大菅生高(東京)時代から定評があった。夏の甲子園で4強入りし、SNS(ネット交流サービス)上では俊敏なプレースタイルを形容して「忍者」と呼ばれた。亜大では1年からレギュラーに定着し、大学日本代表にも選ばれた。

 3年生だった2021年夏に国指定の難病「潰瘍性大腸炎」が判明し、手術と長期の入院生活を余儀なくされた。故・安倍晋三元首相の持病で、最近では陸上男子100メートルの元日本記録保持者、桐生祥秀選手(日本生命)が患ったと公表した大病だ。田中内野手も体重が10キロ以上減り、プロ入りどころか競技復帰すら危ぶまれた。

今秋の東都大学リーグ戦も攻守でチームを引っ張った亜大の田中幹也内野手=神宮球場で2022年10月11日、川村咲平撮影 拡大
今秋の東都大学リーグ戦も攻守でチームを引っ張った亜大の田中幹也内野手=神宮球場で2022年10月11日、川村咲平撮影

 それでも、チームに再合流した後は「迷惑をかけた」と懸命に遅れを取り戻そうとした。新型コロナウイルス下で全体練習ができない時期も一人で黙々とトレーニングに打ち込み、生田勉監督に胸の内を明かした。「プロに行きたい」。田中内野手の覚悟を感じ取った生田監督は「(田中)幹也が頑張ってくれないと、チームが良い方向に行かない」と、他の選手が務めていた主将の座に就くよう持ちかけた。

 開幕戦を前に「気合を入れて」全員が丸刈りにして臨んだ今春の東都大学リーグ戦。田中内野手は決して万全の状態ではなかったが、リーグの1試合最多記録に並ぶ6盗塁を記録し、リーグ戦初本塁打を放つなど攻守でチームを引っ張った。リーグ戦を制し、全日本大学選手権で日本一に上り詰めた。

 原動力は、チームメートに何度も「うまくなりたい」と口にしてきた向上心だ。苦楽を味わった大学野球の経験を財産に、小さな体で大きな夢をつかんだ。【川村咲平】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest