Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

L@ST賞 バットマン Happyくじ「DC BE@RBRICK」※送料込み グランドセール

L@ST賞 バットマン Happyくじ「DC BE@RBRICK」※送料込み
ご覧いただきありがとうございます(^-^) L@ST(ラスト)賞の バットマン (400%) 約28cm になります。 こちら新品未開封品ですが、素人保管となるため、完品、美品を希望される方は、購入をお控えください。 ※購入した時点で、すでに箱にキズはありました。 申し訳ありませんが、値引き不可です。 送料込みです。 購入の前に、こちらのプロフィールを必ずお読みいただきます様、よろしくお願いいたします。 #ハッピーくじ #バットマン #ザ・バットマン #ラスト #ラスト賞 #ラストワン #L@ST #L@ST賞 #ベアブリック #400% #DC BE@RBRICK #フィギュア
男性育休 現在値は?
男性育休 現在値は?

 「みんな、来年から残業ゼロを目指そう」――。全社員を前にしたトップの宣言から、男性育休100%につながった中小企業がある。新潟県長岡市にある社員約160人の「サカタ製作所」。社員の約8割が男性という同社は、2018年から男性育休取得率100%を達成し続けている。要員が少ない中小企業でなぜ実現できたのか。プロセスの要は「残業ゼロ」だ。「男性育休100%」と「残業ゼロ」。その相関関係はどのようなものか。【宇多川はるか】=連載の次回は21日午前6時半にアップ予定

社長が残業ゼロ宣言 属人化を解消

 同社は、今年度の改正育児・介護休業法の順次施行に伴い、自治体や商工会議所などの男性育休を巡るセミナーで引っ張りダコになっている。男性育休100%への道。その“転機”は、14年の冬にさかのぼる。

 屋根用金具を製造する同社は当時、「残業は当たり前」状態。意識改革を促そうと、総務部が中心となり、ワーク・ライフ・バランスについての全社集会を開催した。集会では、企業の働き方改革をコンサルティングする株式会社ワーク・ライフバランス社長の小室淑恵(よしえ)さんが登壇。小室さんはバッサリ指摘した。「これほど残業体質が常態化し、女性管理職が一人もいないのは、今まで関わった企業の中で見たことがない」

 講演を聞き、時間当たりの生産性の重要さや、長時間労働の弊害を認識した坂田匠社長(62)。小室さんの講演直後、全社員を前に立ち上がり、残業ゼロに挑むことを宣言した。このトップメッセージが効いた。

 人事労務を担当する総務経理課主任の岡部美咲さん(38)は振り返る。「社長の宣言があまりにも衝撃的で、集会後の飲み会でも話題になりました。他部署の社員が『やっぱり時代はワーク・ライフ・バランスだよね』『残業ゼロ目指さないとね』などと言い合っていたのを覚えています」

 宣言倒れにならないように、「残業ゼロ」に取り組む部署を評価していくという通達も出された。…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest