Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

専用 フィギュア 【超目玉】

専用 フィギュア
⚠️購入前に一言お願いします⚠️ 東方project 秘封倶楽部 宇佐見蓮子 マエリベリー・ハーン 完成品フィギュアです。 開封品です。ガラスケースに入れて大切に飾っていました。 状態はとてもいいです。 お気持ち程度でしたらお値下げ相談承ります。
中学硬式野球チーム「球道ベースボールクラブ」で指導する後藤将和さん(右)=福岡県大刀洗町で2022年9月29日午後7時22分、中村園子撮影 拡大
中学硬式野球チーム「球道ベースボールクラブ」で指導する後藤将和さん(右)=福岡県大刀洗町で2022年9月29日午後7時22分、中村園子撮影

 部員がゼロの高校野球部監督に、元プロ野球選手の就任が決まった。8年連続で入学定員割れが続く高校だが、新監督となる元プロ選手は「数年以内の甲子園出場」を掲げている。なぜか。それはこれから教える球児たちにぜひ見てほしい景色があるからだ。【中村園子】

 野球部員がゼロの高校は、熊本県立岱志(たいし)高校(荒尾市)。2023年4月、監督に就任するのは、プロ野球ダイエー(現ソフトバンク)でプロ経験があり、中学硬式野球の指導で実績のある後藤将和さん(54)だ。

プロ野球ダイエー(現ソフトバンク)の選手だった頃の後藤将和さん=後藤さん提供 拡大
プロ野球ダイエー(現ソフトバンク)の選手だった頃の後藤将和さん=後藤さん提供

 後藤さんは福岡県久留米市出身で、私立西日本短大付属高(同県八女市)の3年だった1986年夏、外野手として同校初の甲子園に出場した。卒業後は亜細亜大に進学。家庭の事情で中退した後、88年にドラフト外でダイエーに入団した。1軍出場はないまま翌年秋、球団を離れた。

 指導者への道に進むのは、引退して人材派遣会社を経営していた2002年ごろ、小学生の長男と次男が所属する地元の軟式野球チームのコーチを知人に頼まれたのがきっかけだった。07年には福岡県大刀洗町で中学硬式野球チーム「球道ベースボールクラブ」を設立。九州硬式少年野球協会(フレッシュリーグ)に所属する同クラブで13年には中学硬式野球の日本一を決める全日本中学野球選手権大会「ジャイアンツカップ」に出場し、ベスト16入りさせた。

 一方、岱志高は15年に荒尾高と南関高が統合して開校したが、生徒数は91人(9月1日現在)で定員の約2割にとどまる。1991年夏には荒尾高野球部が県大会でベスト8に進んだこともあったが、統合後の2017年以降は部員が少ない学校同士の連合チームでの出場となり、22年夏の県大会は2回戦で敗退。その後、唯一の部員だった3年生1人が引退した。

 そんな母校の状況を見た卒業生らが「このままでは廃校になる。野球部を軸に学校を盛り上げたい」と立ち上がり、野球部OBが旧知の後藤さんに依頼。後藤さんはこれまで福岡県や佐賀県の強豪私立高からも監督のオファーを受けたことがあるが「自ら作ったチームの子どもたちと野球がしたい」と断ってきた。だが、そのチームもコーチに託せるようになり「真っ白なキャンバスに絵を描くように、チームをゼロから作れるなら」と受諾した。

 後藤さんにとって甲子園は、ほろ苦い記憶が残る場所だ。県立岐阜商との1回戦では中堅で先発出場したが、八回の守備で二塁手と衝突し、腰を骨折して退場。チームも敗れ、甲子園の土さえ持ち帰れなかった。

中学硬式野球チーム「球道ベースボールクラブ」の指導にあたる後藤将和さん=福岡県大刀洗町で2022年9月29日午後6時半、中村園子撮影 拡大
中学硬式野球チーム「球道ベースボールクラブ」の指導にあたる後藤将和さん=福岡県大刀洗町で2022年9月29日午後6時半、中村園子撮影

 それでも「グラウンドで感じたスケールの大きさと迫力は忘れられない」。同じ経験をさせたいと、スカウトのために県内外の中学生を見て回るなど早くもチーム作りに着手しており、宮崎県や福岡県などから入学を検討する中学生がいるという。来春には学校近くの古民家を寮にして、県内外から入学した約20人の部員と寝食を共にする考えだ。

 9月には卒業生や市民ら約200人でつくる「応援会」も誕生した。岱志高の寺田憲司校長(58)は「『野球を通じて子どもたちの人間性も育みたい』と話す後藤さんに期待している」と話す。

 後藤さんは36年前、母校が甲子園に初出場した当時と重ねる。「アルプススタンドだけでなく、外野席も卒業生や学校関係者などで満席になり、学校が一つになって声援を送ってくれた甲子園の光景が忘れられない。野球を通じて生徒と成長し、夢の舞台を岱志高の関係者で満員にできれば」。あの景色をもう一度見るため、球児たちと向き合う日々が始まる。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest