Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

プリンセスプリキュア フィギュアーツ4体セット セール特価

プリンセスプリキュア フィギュアーツ4体セット
バラ売り不可 即購入歓迎です。
額装された色紙を手に持つ木更津高校の卯月睦彦校長(左)と同窓会の山口稔会長=千葉県木更津市で2022年10月7日午前10時20分、浅見茂晴撮影 拡大
額装された色紙を手に持つ木更津高校の卯月睦彦校長(左)と同窓会の山口稔会長=千葉県木更津市で2022年10月7日午前10時20分、浅見茂晴撮影

 「荒城の月」の作詞などで知られる詩人で英文学者の土井晩翠(1871~1952年)が作詞した千葉県立木更津高校の校歌が、戦後に本人の手で改訂されたことを示す直筆の色紙4枚が見つかった。2000年の創立100周年の時に探したものの、発見に至らなかった史料だが、インターネット上で販売されているのがたまたま関係者の目に留まった。7日、同窓会から高校側に寄贈された。【浅見茂晴】

 木更津高校の校歌は1917(大正6)年に晩翠が作詞し、19年に作曲家の弘田龍太郎(1892~1952年)が曲を付けた旧制木更津中学校の校歌を起源としている。

 晩翠は第二次世界大戦後、高校側の要請に基づき、歌詞を数回にわたって改訂している。学制の変更に伴って中学校を高校に直した他、「東亜」「健児」といった戦前や戦中の言葉を改めたり、「平和」など民主、平和国家にふさわしい言葉を入れたりした。

木更津高校の校歌が戦後に改められたことを示す土井晩翠の直筆の色紙=千葉県木更津市で2022年10月7日午前10時36分、浅見茂晴撮影 拡大
木更津高校の校歌が戦後に改められたことを示す土井晩翠の直筆の色紙=千葉県木更津市で2022年10月7日午前10時36分、浅見茂晴撮影

 直筆の色紙は、木更津工業高等専門学校の教授を務める上原正啓さん(63)が2020年10月ごろ、インターネットの古本屋のサイトで見つけ、購入した。裏には、1947(昭和22)年2月22日に訂正したことが書かれており、現在の木更津高校の校歌と比較したところ、似ていることが分かった。

 上原さんは「自分が持っているよりも高校に飾ってほしい」と考え、今年4月に同窓会に提供。同窓会は学校に寄贈することにした。

 7日の寄贈式では、同窓会の山口稔会長が、額装された色紙を卯月睦彦校長に手渡した。卯月校長は「改めて出会いや人の縁を実感した。関係者の心遣いに感謝したい」と話した。色紙は校長室に飾られるという。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest