Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

zc33s用 BLITZカーボンエアクリーナー 特価商品

zc33s用 BLITZカーボンエアクリーナー
仕様変更により出品します! スイフトスポーツ(zc33s用)になります 走行距離は1000km程度です タイラップ、説明書欠品になります タイラップは準備お願いします 説明書はBLITZのサイトから見れると思います 写真を撮るために梱包材を外しているので発送の際は綺麗に梱包させていただきます 多少の値段交渉はできるのでコメントください     お気軽にコメントください
性犯罪規定見直しの試案について議論した法制審議会の部会=東京・霞が関で2022年10月24日午前9時53分、山本将克撮影 拡大
性犯罪規定見直しの試案について議論した法制審議会の部会=東京・霞が関で2022年10月24日午前9時53分、山本将克撮影

 法務省は24日、性暴力被害の実態に応じた法制度の見直しを議論している法制審議会(法相の諮問機関)の部会に対して、これまでの議論に基づいた法改正試案を示した。性的行為に同意する能力があるとみなす「性交同意年齢」を13歳から16歳に条件付きで引き上げ、性犯罪の公訴時効を原則5年延ばすなどの案を盛り込んだ。

 試案は、性犯罪の規定全般を見直す内容。若年層の性被害も意識しつつ、より被害者に手厚い保護を図った。ただ、非公開で行われた24日の会議では、試案内容について被害者側から「国民から見て分かりにくい」、法改正に慎重な弁護士側からも「処罰範囲が広がる」とする意見がそれぞれ示されたといい、部会は試案をベースに今後も議論を継続する。

 現在の刑法では、13歳未満との性的行為は同意の有無にかかわらず処罰対象となるが、13~15歳の中学生世代でも性的行為の影響を理解したり、相手に的確に対応したりする能力が未熟なケースがあるとの指摘があり、試案では処罰対象を16歳未満との性的行為に引き上げた。一方で、若年者同士の行為を除外するため、13歳以上16歳未満との性的行為への処罰は加害者が被害者より「5歳以上」年上になる場合に限定した。

性犯罪規定見直しの試案について議論した法制審議会の部会=東京・霞が関で2022年10月24日午前9時55分、山本将克撮影 拡大
性犯罪規定見直しの試案について議論した法制審議会の部会=東京・霞が関で2022年10月24日午前9時55分、山本将克撮影

 また、性暴力は被害者が「恥ずかしい」という思いや自責の念からすぐに被害を捜査機関に申告できず、潜在化しやすいとされる。このため、被害申告までに時間がかかることを考慮し、強制性交等罪や強制わいせつ罪などの公訴時効を5年延ばすとした。

 さらに公訴時効の延長に関しては特に若者の被害申告が遅れやすいことから、被害者が18歳未満だった場合は、18歳に達するまでの期間を公訴時効に加算する仕組みを盛り込んだ。

 試案は、性犯罪の成立要件の明確化も図った。現在の刑法は加害者による「暴行・脅迫」と被害者の「心神喪失・抗拒不能(身体的・心理的に抵抗するのが著しく難しい状態)」の二つを成立要件としているが、今回の案では、暴行・脅迫事例のみならず「アルコールや薬物を摂取させる」などの加害者の行為や、「拒絶するいとまがない」「心身に障害がある」などの被害者の状態を具体的に明示。そうした行為や状態によって、被害者が「拒絶困難」だった場合の性的行為は犯罪に該当するとした。【山本将克】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest