Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

メルセデスベンツ w124 ワゴン スモーク テールライト ランプ テールレンズ 熱い販売

メルセデスベンツ w124 ワゴン スモーク テールライト ランプ テールレンズ
W124スモークテールライト スモークテールランプ 左右セット ホワイトウインカー 状態は未使用品です。倉庫で予備品として保管していました。 社外品になります。 よく確認はしていますが、小さい汚れ等見落とす場合がございますことをご了承下さい。気なる点などありましたらご質問下さい。 #メルセデスベンツ #MercedesBenz #w124 用品の種類···ブレーキ・テールランプ 対応車種メーカー···メルセデス・ベンツ
東京地裁=米田堅持撮影
東京地裁=米田堅持撮影

 集団予防接種の注射器使い回しが原因のB型肝炎を発症し、再発した患者3人の本人や遺族が国に1人当たり1300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で東京地裁は25日、請求通りの支払いを命じた。古田孝夫裁判長は昨年4月の最高裁判決に基づき、賠償請求権が消滅する「除斥期間」(20年)の起算点を発症時ではなく再発時とした。

 原告側の全国B型肝炎訴訟弁護団によると、再発患者の請求が認められたのは最高裁判決後初めて。3人は最高裁が救済対象とした病態に該当し、国側は再発時を除斥期間の起算点とすることを争わなかった。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest