Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

200系 ランドクルーザー プリウスα アクア 純正LEDフォグ交換キット 最新コレックション

200系 ランドクルーザー プリウスα アクア 純正LEDフォグ交換キット
完売しておりましたが再入荷いたしました! ライムイエローかライムグリーンどちらか選択お願いします。 ライムグリーン14330LMライムイエロー15330LM 色が濃い為ライムグリーンの方が数値は下がりますが、その分色が強いので体感では明るさの違いは感じられませんので、お好みの色を選択お願いします。 トヨタ 純正 LEDフォグ交換キット アルミフレーム ガラスレンズセット レンズがフルモデルチェンジを行い大幅な反射効率と剛性UPする事に成功しました。 ガラスレンズ アルミフレーム ギラギラ反射板採用 近年過大表記LEDが問題になっており、どのLEDが明るいか非常に分かりずらい状況になっております。 当店では以前からLEDの最大出力LM数を正直に表示しておりましたが、 過大表記対応する為、車に取り付けした場合の実測表記に変更します。 添付画像の様に特殊な機械でテストを行い、テスト結果を表示していないLM表記は実測ではありません。 これ以上の出力にはお車の配線が耐えれず車が燃えますので、車に取り付け場合の実測で15330LMを大幅に超える数値は絶対に出す事が出来ません。 下記純正LEDフォグ車両にポンつけで交換出来ます。 #オーリス #50系RAV4 #30系プリウス #40系プリウスα #30系アルファード  #30系ヴェルファイア #150系プラド 後期  #60系ハリアー  #65系ハリアー #SAI #210系クラウンアスリート  #C-HR前期 #80系ノア  #80系ヴォクシー #80系エスクワァイア #70系カムリ #アクア #50系カムリ #200系ランドクルーザー 後期 #Ct200h #ハイラックスgun125 前期 #10系GS #ベロフ #PIAA #VELENO #ヴァレーノ モルターレ #スフィアライト #LEDフォグ #LEDフォグランプ #LEDライト #イエローLED #グリーンLED #3000k #ライムイエロー #LED #LEDヘッドライト #LED爆光 #LED明るい
旧統一教会への「質問権」の行使に関する専門家会議の初会合の冒頭、あいさつする文化庁の合田哲雄次長(奥中央)と委員ら(手前)=東京都千代田区で2022年10月25日午前10時4分、内藤絵美撮影
旧統一教会への「質問権」の行使に関する専門家会議の初会合の冒頭、あいさつする文化庁の合田哲雄次長(奥中央)と委員ら(手前)=東京都千代田区で2022年10月25日午前10時4分、内藤絵美撮影

 文化庁は、宗教法人法に基づく解散命令の請求を視野に、金銭トラブルで多数の被害者が出ている世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を調査する方針だ。ただ、岸田文雄首相が示した「民法の不法行為」を根拠にした請求は前例がなく、調査には憲法が保障する「信教の自由」への配慮が求められる。請求に至る道のりは不透明なままだ。

文科省、請求までの期間見通せず

 「本件の重大性と緊急性を踏まえ、次回で一定の方向性を共有いただきたい」。宗教法人法に基づく初の「質問権」行使に向けて25日に開かれた専門家会議で、文化庁の合田哲雄次長は初会合にもかかわらず、出席した委員に、運用基準の検討を急ぐよう促した。

 元々、同庁は解散命令の請求は難しいとする立場だった。過去に解散命令を受けたオウム真理教と霊感商法詐欺事件を起こした明覚寺(和歌山県)の2件は代表役員らが刑事罰を受けたことを踏まえ「慎重に判断する必要がある」としていたからだ。旧統一教会は幹部が刑事罰を受けた例はない。

 だが、旧統一教会問題が内閣支持率を急落させる中、首相は17日に慎重姿勢を一転させ、質問権行使を永岡桂子文部科学相に指示。文科省もこれに同調せざるを得なくなった。「このタイミングで質問権が降ってくるとは思わなかった。大変だが、仕方がない」と文科省幹部の一人は明かす。それでも25日の閣議後記者会見で永岡氏は「年内のできる限り早いうちに権限を行使できるよう進める」と迅速化を改めて強調した。

 文科省は想定外の指示で態勢が整わないまま、準備をスタートさせている。実務を担う文化庁宗務課は常勤職員が8人だ。応援職員を入れて24人に増やし、今後は他省庁から法律や会計の専門知識を持つ職員の派遣も受けるなど、急ごしらえで調査態勢を強化する。

 専門家会議も首相の指示から約1週間で初会合を開く強行スケジュールとなった。文科相の諮問機関である宗教法人審議会のメンバーが会議の委員も兼ねることになったのも、「年内に行使するというスケジュールでは、別の専門家に依頼する余裕はなかった」(文化庁担当者)のが実情だ。

 文化庁は、専門家会議での運用基準の検討をにらみつつ、質問項目の原案を作る。教団が組織的な不法行為責任を問われた2件の民事裁判の記録や、政府の窓口に寄せられた教団との金銭トラブルなど1700件以上の相談、毎年1回の提出を受けている教団の財産目録や収支計算書などから検討するとみられる。

 首相は、請求の根拠として「民法の不法行為も入り得る」として、…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest