Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

ノア ヴォクシー エスクァイア80系 流れるドアミラーウインカー 白色ポジション 【期間限定】

ノア ヴォクシー エスクァイア80系 流れるドアミラーウインカー 白色ポジション
AVESTの流れるドアミラーウインカーです。レンズのみ交換するタイプです。 商品コード:AV-015-W ウインカーは橙色、ポジションランプ(デイライト風)は白色です。 ウェルカムランプも付いています。 ※お値引きはできかねます。 ■適合車種 TOYOTA ノア 80系 ZRR8# (NOAH) ノアハイブリッド 80系 ZWR8# (NOAH) ヴォクシー 80系 ZRR8# (VOXY) ヴォクシーハイブリッド 80系 ZWR8# (VOXY) エスクァイア ZRR8#(ESQUIRE) エスクァイアハイブリッド ZWR8# (ESQUIRE) 2017年7月MC後の車両にも取付可能 ■車検について■ E-Mark取得済の車検対応品となります。 詳しくはAVESTオフィシャルサイトの「車検についての A1欄」をご覧ください。 各地域の車検検査の担当者の主観、判断により対応外となる場合もございます。 ※ご面倒ですが、購入をご検討中の方はプロフィールをご一読ください。 ※説明を省略している部分があるため、詳しくはAVEST公式通販サイトをご覧ください。商品コード:AV-015-W ※保管は厳重にしておりますが、神経質な方やメーカー保証を求められる方などは購入をご遠慮ください。 ※商品説明に記載のある事や値引き交渉には返答しないことがございます。 ※外箱に多少の汚れがある場合があります。 ※以前動作不良で返品交換を求められる事がありましたが、こちらはメーカー保証がないためお安く出品しております。 念のため出品前に動作確認をしておりますが、取り付けミスやお車の状態によっても動作不良が起こることがあります。 初期不良・動作不良がありましても返品交換・返金はできませんのでご理解いただける方のみご購入をお願いいたします。 #ウインカー #カスタム #ドレスアップ AV-015-W
1953年ごろ、ケンブリッジ大のキングス・カレッジでアーサー・ウェイリーさん(左)とキーンさん。「心の恩師」との交流は長く続いた。(ドナルド・キーン記念財団提供)
1953年ごろ、ケンブリッジ大のキングス・カレッジでアーサー・ウェイリーさん(左)とキーンさん。「心の恩師」との交流は長く続いた。(ドナルド・キーン記念財団提供)

 英国での生活にも慣れてきた1949年初め。ドナルド・キーンさんは、憧れの人物に会いに行くことを思い立った。作家のアーサー・ウェイリー(1889~1966年)だ。東洋学者として中国や日本の文学作品を英訳したことで知られ、代表作には「源氏物語」などがある。そう、1940年の秋、ニューヨークの古書店で18歳のキーンさんが初めて手にした日本文学「The Tale of Genji」の翻訳者だ。自伝を見てみよう。どきどきしながら、憧れの人と会う胸のときめきが伝わってくる。

The one person I wanted most to meet in England, even before I left America, was Arthur Waley. His translations of Japanese and Chinese literature had been my inspiration during the long years of learning to read these languages. I still have somewhere a copy of his More Translations from the Chinese with the Chinese texts laboriously (and clumsily) copied in my hand at a time when I was groping ahead in the dark toward the light that was Waley.

(中略)

I preferred his translations from the Japanese, and sometimes I tried to persuade myself that he really liked Japanese literature better than Chinese. He once told me that his partial translation of The Pillow-Book of Sei Shonagon was his own favorite among his works. I had been moved especially by the beauty of his translation of The Tale of Genji, a marvelous re-creation in English of a text a thousand years old. During the war I had tried to read the original in a class at the University of Hawaii, and this painful experience had aroused renewed admiration, even awe, for Waley"s accomplishment.

I had been told before leaving America that Waley worked at the British Museum, but this had not been true for many years. As I was wondering how to meet him, I learned in January 1949 that he was to lecture in Cambridge and wrote inviting him to tea. I had no introduction, and only an ironclad desire to meet him can explain what gave me the courage to offer this invitation. Waley replied with a postcard, the message written in minuscule handwriting at the top, saying that I should introduce myself after his lecture.

That afternoon I was listening to a broadcast from Germany of a Wagnerian opera, when there was a knock on my door. "Come in!" I shouted unceremoniously, and an unknown man entered. …

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest