Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

アルトワークス HA36S テラモト T-REVαシステム 希少 軽量 効果抜群 激安特価

アルトワークス HA36S テラモト T-REVαシステム 希少 軽量 効果抜群
注意!プロフ見て! 値引きしないので早いもの勝ち! お金を貯めて買ってね! 新品はビックリするほど高額です。 アルトワークス HA36Sで使用してました。 車検もOK! キノコ型エアクリーナの方なら簡単取付5分で高価抜群! 純正エアクリーナももちろん大丈夫です! 詳しくは『アルトワークス T-REV みんカラ』で調べて下さい。 最高速プラス5キロと記載してる方もいらっしゃいます。 私の評価です。 アルトワークス HA36S FF MT 2速から1速にエンブレしながら停止する際にガクッと原因不明なショックがありました。 少し追突された様な。皆様はございませんか? 長年悩んでましたがこのT-REVαシステムを導入した途端に無くなりエンブレがスムースになりました。 36ワークス特有の高回転での伸び悩みもかなりスムーズになりました。音が違うんです。 ブリッピングの吹け戻しが早くなるのでヒールアンドトゥがやり易く綺麗に決まります。 話をまとめるとレーシングエンジンに近いフィーリングになると言う事です。 本体少しキズあります。 綺麗な箱あり。 綺麗な取説あり。 ステッカーあり   欠品無し T-REVαシステムとは、インテークマニホールドの負圧を利用した減圧システムです。装着すると正圧になっているクランクケース内圧を負圧に変化します。負圧になるという事はクランクケース内部に残された空気密度が減少することを意味しています。 クランクケース内の空気密度を下げるとエンジン稼働中にクランクケース内を激しく移動する空気重量を減少させ、回転に伴って発生する空気のかくはん抵抗を減少する事が出来ます。つまり、クランクケース内圧を下げる=クランクケース内の空気密度を下げる=空気の重さが軽いので動かしやすい=エンジン回転時の抵抗が減る、という事です。 そして結果、エンジンフィーリングがよりスムーズになり各操作の雑な部分が大幅に緩和されます。1.アクセルレスポンスの向上2.アクセル踏み返し時の息継ぎ感の軽減3.シフトチェンジがスムーズに96.低・中・高回転全域での吹け上がりの向上 5.ケース内にフレッシュエアを取り入れる事によるベンチレーション効果98.空走距離が延びる事による燃費の向上(燃費が必ず上がる訳ではありません)
「村上春樹presents白石加代子怪談ライブ『雨月物語』」で朗読後のトークに臨む作家の村上春樹さん(左)と俳優の白石加代子さん=早大坪内博士記念演劇博物館で2022年9月28日
「村上春樹presents白石加代子怪談ライブ『雨月物語』」で朗読後のトークに臨む作家の村上春樹さん(左)と俳優の白石加代子さん=早大坪内博士記念演劇博物館で2022年9月28日

 2021年10月の早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー、東京都新宿区)の開館から1周年を控えた22年9月中・下旬、村上春樹さんに2度会う機会――正確にはその姿を見る機会があった。いずれも同大でのイベントである。

 この間、9月25日のラジオ番組「村上RADIO」では、7月に開催されたジャズピアニストの山下洋輔さんらによる「再乱入ライブ」(早大大隈記念講堂)の模様が放送され、村上さんと山下さんとのトークの一部も流れた。10月1日からは同ライブラリーに隣接する坪内博士記念演劇博物館(演博)で企画展「村上春樹 映画の旅」が始まり、充実した図録(フィルムアート社)も刊行されたが、作家本人もそこにエッセーを書き下ろしている。

 一方、10月上旬に刊行された雑誌「文学界」11月号では、村上さんがジャズをめぐってのインタビュー(聞き手・村井康司さん、収録は8月3日)に答えている。これだけを見ても、最近のこの作家の活動量、発信量の多さには驚くべきものがある。

 今回は早大での9月のイベントに絞って取り上げるが、まずは14日に同ライブラリーで行われたボーカルグループ、ゴスペラーズのライブである。地下1階から地上2階まで吹き抜けの構造になっている同館中央の大階段を客席に、地下1階のスペースを舞台として行われた。イベント中に村上さんの発言はなかったが、舞台脇の関係者席で熱心に耳を傾ける様子が見られた。

 ゴスペラーズは…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest