Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

ハイエース センターコンソール 全国宅配無料

ハイエース センターコンソール
価格を変更しましたのでよろしくお願い致します。 私が一人で製作しておりますハンドメイド品ですのでよろしくお願いします。 スーパーGL標準ボディー用でダークプライム2の黒い内装にマッチします。 今回初めて使用の耐摩耗耐油化粧合板(木目をリアルに再現した黒木目調)とブラックモールを使い、メッキモールとはまた違った、落ち着いた雰囲気に仕上げてみました。 何方でも購入可能の商品ですのでよろしくお願い致します。 フロント部はサイドブレーキ操作時に干渉しにくいデザインとなっており、収納ボックスは純正に比べ収納力がアップします。 ティッシュホルダー無しタイプに比べクッション(上蓋)部が少し短くなっていますが快適性を損なうことのないサイズ感でアームレストとしても良いポジションがとれ長距離ドライブも快適かと思います。 ティッシュホルダーには高さ64ミリまでの通常のティッシュボックスが装着可能です。 サイズは全長767 幅338 高さ216(mm) 収納部は縦327 横300 深さ138 重量6.3kgです。 カップはABS樹脂製で内径80 深さ64 最近の太めのペットボトルにも対応し、深さがあるので細めのボトルでも倒れることはないと思います。収納部上蓋の固定はマグネットで、オープン時のストッパーはベルト式。金具での収納物への干渉や子供さんの指の挟込み等を配慮し、敢えてこのベルト式を採用しています。 収納力と快適性を考慮したサイズのため運転席後ろのセパレートバー(仕切り棒)を取り付けたままですとエンジンメンテナンスでエンジンフードを開けた際にクッション部がバーに干渉しますので、その際はバーを外していただきますようお願い致します。 車への取り付けは純正と同じ4箇所のネジ止めで、ネジ穴部裏側にはそれぞれの高さに合ったスペーサが固定されておりガタツキ無く取り付け出来ます。 取り付け専用ネジと収納部のマットが付属します。 注) ティッシュホルダー部のマットは高さ64ミリのボックスを入れる場合は外していただきますようお願い致します。
市道を歩いて危険箇所があるガイドパイプに「立入禁止」のテープを張って点検作業を確認した=長崎県佐世保市椎木町で2022年10月20日午前10時34分、綿貫洋撮影 拡大
市道を歩いて危険箇所があるガイドパイプに「立入禁止」のテープを張って点検作業を確認した=長崎県佐世保市椎木町で2022年10月20日午前10時34分、綿貫洋撮影

 市道に設置した転落防止柵(ガードパイプ)が老朽化とみられる破損で男性が転落して重傷を負った事故を受けて長崎県佐世保市は20日、業者に対して一斉点検の要領を説明した。21日以降、順次点検する。

 市によると今月9日、同市天神2の市道から80代の男性が約2メートル下の民家の敷地に転落。男性は頭など複数カ所を骨折して一時意識不明となった。現場のガードパイプ3本のうち、上の2本が腐食して接続部分が外れていた。

 20日は同市椎木町の市総合グラウンドで、市土木部の職員が点検に当たる建設会社など13業者約40人に一斉点検について説明した。同グラウンド周辺に設置された市道を実際に歩きながらガイドパイプのさび具合、ネジの緩み、傾きなどを確認。危険性が高い箇所には「立入禁止」のテープを張るなどの措置を求めた。土木部道路維持課の山口博行課長は「これまでの目視点検では不十分で、具体的な点検が必要と判断した。点検で全体を把握して危険箇所は補修していく」と話した。

 一斉点検は21日から約1カ月。市道の総延長は約1800キロあるが、ガイドパイプの個々の設置年数は不明という。【綿貫洋】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest