Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

ABARTH(アバルト)500/595 BMC OTA エアフィルター 大人気新品

ABARTH(アバルト)500/595 BMC OTA エアフィルター
ご覧いただきありがとうございます。 ABARTH(アバルト)500/595 BMC OTA エアフィルター です。 新品購入後、H28年式アバルト500へ取付、約7,000km走行です。 車両売却の為、出品します。 車両取付用のステーに錆が出たので2年前に汎用のL字ステーに交換しています。 ※錆がありますが、純正ステーは付属します。 車両側との接続パイプですが、目立つ色だったのでステンパイプに交換しています。 ※赤色の純正パイプは付属します。 車検に対応させるため、T字ホースをDIYで作成して取付しています。 ※BMCマーク入りの純正ホースは付属します。 走行距離が短いので比較的綺麗だと思いますが、画像にて判断をお願いします。 ※OTA本体にボンネットに擦れた後があります。 ※ホースに傷が少しあります。画像10枚目をご参照ください。 購入時に入っていたスチール?のケースに入れて発送しますが、当初から輸送による凹み等がありました。一部錆も出ていますのでケースはジャンク扱いでお願い致します。 ※そのままでは入らないので、バラしてから発送します。到着後、組付けをお願いします。取付時の画像を参考にしてください。 ブローオフバルブにフィルターを取り付けた際のエンドパイプも付属しますが、締め付けがきつかったのか、一部変形しています。 ※取り付けた場合は車検非適合になります。 中古品であることをご理解頂ける方に検討をお願いします。 神経質な方はご遠慮ください。 よろしくお願いします。
【ヤクルト-オリックス】試合前にグラウンドに整列するオリックスの中嶋監督=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影 拡大
【ヤクルト-オリックス】試合前にグラウンドに整列するオリックスの中嶋監督=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影
【ヤクルト-オリックス】試合前にグラウンドに整列するヤクルトの高津監督=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影 拡大
【ヤクルト-オリックス】試合前にグラウンドに整列するヤクルトの高津監督=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2022」が22日、神宮球場で開幕し、2年連続でヤクルトとオリックスが対戦する。

 53歳のヤクルト・高津臣吾監督とオリックス・中嶋聡監督の同学年対決。前年最下位からのリーグ優勝、そしてリーグ連覇と両指揮官の歩みには重なる部分も多い。さらに名将の系譜を継ぐ点も共通項だ。

【ヤクルト-オリックス】ヤクルトの高津臣吾監督=神宮球場で2022年10月22日、猪飼健史撮影 拡大
【ヤクルト-オリックス】ヤクルトの高津臣吾監督=神宮球場で2022年10月22日、猪飼健史撮影

 高津監督の現役時代の師は野村克也さん。データを重視する「ID野球」の教えを受けた。毎試合前、1時間のミーティングで野村さんの言葉を必死にメモしたノートはボロボロになったが、今もヒントを求めてページをめくる時もある。

 忍耐強く若手選手を起用し、経験を積ませてレギュラーに育てるのも「高津流」。選手に自信を持たせる指導方法は、「再生工場」と呼ばれ数々の選手を復活させてきた野村さんの姿を連想させる。

【ヤクルト-オリックス】試合前にグラウンドに整列するオリックスの中嶋監督=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影 拡大
【ヤクルト-オリックス】試合前にグラウンドに整列するオリックスの中嶋監督=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影

 中嶋監督は現役時、仰木彬さんに薫陶を受けた。個性を生かし、打順を頻繁に組み替えて代打、継投策を仕掛ける「仰木マジック」は自由奔放に見えながら、データに基づく緻密さが土台だった。

 師と同様に「ナカジマジック」と評されるのが中嶋監督の手腕だ。昨年は多くの試合で日替わりオーダーを組み、今季は経験の浅い投手に重要な中継ぎを託すなど大胆な起用が光った。「あいつら俺のこと友達だと思っている」と言いながら、選手に寄り添って能力を引き出し「マジック」を生む。

 野村さんと仰木さん、現役時の高津監督と中嶋監督は1995年の日本シリーズで戦っている。この時は野村さんが「内角高めに弱点あり」と「口撃」し、中心選手のイチローさん封じを仕掛けた。ヤクルトが4勝1敗で制したが、3試合が延長戦だった。昨年もヤクルトが4勝2敗で優勝するも、1点差が5試合と接戦を演じてきた両チーム。名将の面影が浮かぶ指揮官が、今年はどのようなタクトを振るか、目が離せない。【角田直哉】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest