Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

日産 ダットサン L23エンジン ピストン ピストンリング セット 高い素材

日産 ダットサン L23エンジン ピストン ピストンリング セット
かなり古い物ですので、マニアックな質問等はご遠慮くださいませ。 かなりレアな商品かと思います。 包装に傷みはございますが、中身は新品未使用でございます。 よろしくお願いします。
【オリックス-ヤクルト】試合前に整列するヤクルトの高津臣吾監督=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影 拡大
【オリックス-ヤクルト】試合前に整列するヤクルトの高津臣吾監督=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影

 プロ野球の日本一を懸けた、「SMBC日本シリーズ2022」の第3戦が25日、京セラドーム大阪であり、ヤクルトが7―1でオリックスに勝ち、通算対戦成績は2勝1分けとなった。試合後の高津臣吾監督の主なコメントは次の通り。

 ヤクルト・高津臣吾監督

 ――先発の高橋奎二投手は6回無失点。一回に先頭打者に四球を出したが、崩れずしっかり試合を作った。

 ◆力まないように、力を入れすぎないようにという感じには見えた。立ち上がりは合わなかった部分もあるが、徐々に変化球でも腕を振れるようになってきたし、制球もできるようになってきた。回を追うごとにそういうふうになってきたのかなと思う。立ち上がりはあんまりよくなかったね、今日は。

 ――レギュラーシーズン終盤には離脱もあったがしっかり戻ってきた。存在感の大きさは。

 ◆こういう大きな舞台でパッと投げて、ピシャッといった。僕はずっとふらふらしている奎二を見ているのですごくうれしいし、すごく大きな成長を感じる。

【オリックス-ヤクルト】五回表ヤクルト2死一、二塁、山田が左越え3点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影 拡大
【オリックス-ヤクルト】五回表ヤクルト2死一、二塁、山田が左越え3点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影

 ――第1、2戦は無安打だった山田哲人選手が先制3ラン。

 ◆その前(三回の第2打席)の内野安打がきっかけなのか、よく分からないけど、あんな当たりでもヒットがつくと、明らかに打席の構えなどが変わった。思い切りの良さと、しっかり打ちやすい球を待ってスイングをする哲人のスタイルが今日はすごく見えた。

 ――1番起用の意図は。

 ◆朝、起きた瞬間に1番にしようと思った。結構、昨日の夜から悩んでいて、哲人をどうしようかなと思って、うまく何かきっかけを作らなければいけないと思っていた。朝起きた時にこれは1番だと思って決めました。

 ――良い効果が生まれた。

 ◆これでまた明日悩むなと思う。やっぱり哲人がこうやって元気だと、ムネ(村上宗隆選手)やオスナ(選手)が本当に生きると思う。彼の活躍がどれだけ大きいか、山田の存在が再確認できたゲームだと思う。やっぱりすごいですよ、彼は。

 ――向こうの二枚看板(山本由伸、宮城大弥両投手)に土を付けた。

 ◆ぴんとこない。シリーズの短期決戦。今日勝ったら、明日勝ちたいと思うだけ。シーズン143試合あるわけじゃない。明日また勝ちたいと思うだけですね。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest