Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

SAI AZK10 HS250h ANF10 インテークパイプ サクションパイプ 激安ブランド

SAI AZK10 HS250h ANF10 インテークパイプ サクションパイプ
SAI、HS250hに取り付けれるインテークパイプ、サウンドジェネレーターです。 スルガスピードのインテークパイプにサウンドジェネレーターを取り付けた仕様です。 蛇腹のゴムからステンレスパイプに変えることによって空気の流れがスムーズになり、発進時のモタつきが解消されます。 サウンドジェネレーターはアクセルを深く踏んだ時にエアクリーナーを変えたような吸気音が出ます。 普段乗りするのでエアクリーナーまでは変えたくないが音は出したい、発進時のモタつきが気になる方にいかがでしょうか?
鞍馬の火祭で、たいまつを持って鞍馬街道を歩く子どもら=京都市左京区で2022年10月22日午後6時42分、山崎一輝撮影
鞍馬の火祭で、たいまつを持って鞍馬街道を歩く子どもら=京都市左京区で2022年10月22日午後6時42分、山崎一輝撮影

 京都市北部の山あいで燃え盛るたいまつを担ぎ歩く「鞍馬の火祭」が22日夜、3年ぶりに行われ、夜空を赤く染める勇壮な炎に、多くの見物客が見入った。

鞍馬の火祭で、勇壮な掛け声とともに燃え盛る巨大なたいまつを掲げる若者たち=京都市左京区で2022年10月22日午後8時58分、山崎一輝撮影 拡大
鞍馬の火祭で、勇壮な掛け声とともに燃え盛る巨大なたいまつを掲げる若者たち=京都市左京区で2022年10月22日午後8時58分、山崎一輝撮影

 鞍馬山の山腹にある由岐(ゆき)神社(同市左京区)の例祭で、平安時代の940年に朱雀天皇が御所の祭神・由岐大明神を鞍馬に移した際、かがり火で行列したとされる故事を守り伝えている。新型コロナウイルス禍の影響でこの2年は中止されていた。

 日が落ちると、鞍馬街道沿いの家がかがり火を点火。子どもたちは小さなたいまつを、締め込み姿の青年たちは大たいまつを担ぎ「サイレイヤ、サイリョウ」と声を上げながら繰り出した。

 山門前に最大で長さ4メートル、重さ80キロの大たいまつが集結すると、空高く火の粉が乱舞し、祭りは最高潮に達した。【南陽子】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest