Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

【新品未使用】シビック インテグラ タペットカバー ホンダ純正部品 【史上最も激安】

【新品未使用】シビック インテグラ タペットカバー ホンダ純正部品
⭐︎新品未使用品⭐︎ シビック/インテグラ用のタペットカバーになります。 安心良品質のホンダ純正部品です。 適合車種:シビック/インテグラ 適合型式:EK9,DC2,DB8 適合年式:1997/08-2000/09,1995/10-2001/06 ⭐︎セット内容⭐︎ タペットカバー×1 他にも様々な自動車部品出品しているので、是非ご覧ください♪ 管理番号 50005 【注意事項】 ・勘違い、思い込みによるトラブルを防ぐ為、ご不明点があれば必ず購入前にお問合せください。 ・送料、梱包代、消費税込みの価格になります。 ・取り付けは専門業者にご依頼ください。 ・3日以内に決済が確認できない方に関してはこちらの判断でキャンセルさせて頂く場合がございます。 ・当方では細心の注意を払って梱包しておりますが、発送時に外箱にキズや汚れなどがある場合がございます。 ・以上の注意事項を確認後にご購入ください。 ・稀に在庫が突然無くなる場合がありますので、ご不安であれば購入前にコメントで在庫確認をお願いいたします。 【質問について】 ご不明点があればお気軽にお問い合わせください。 値引き、品番、サイズなどの質問にはお答えできない場合があります。 【発送について】 おおむね1週間以内に商品の方が到着できるように発送させていただきます。(一部地域除く) ごく稀に商品到着まで1週間以上かかる場合がございますので不安な方は購入前にコメントいただければお答えいたします。 土・日・祝・その他長期休暇時は基本的に発送を行なっておりません。 ※画像はイメージになります。 写真の物と異なる場合がございますので、適合車種・適合型式・適合年式・セット内容を確認した上でご購入よろしくお願いいます。 AT/MT、前期/後期での違いなど、一部記載事項ではわからない場合がございます。
支援した翁長雄治氏の敗色が濃厚になり、厳しい表情を浮かべる沖縄県の玉城デニー知事=那覇市で2022年10月23日午後10時59分、喜屋武真之介撮影 拡大
支援した翁長雄治氏の敗色が濃厚になり、厳しい表情を浮かべる沖縄県の玉城デニー知事=那覇市で2022年10月23日午後10時59分、喜屋武真之介撮影

 23日に投開票された任期満了に伴う那覇市長選は、岸田文雄政権が推した無所属新人で元副市長の知念覚(さとる)氏(59)が、玉城デニー沖縄県知事ら「オール沖縄」勢力が支援した無所属新人で元県議の翁長雄治(おながたけはる)氏(35)を破り、初当選した。1万40票の大差だった。

 一夜明けた24日、玉城氏は記者団の取材に「結果は真摯(しんし)に受け止める。(1万票の大差は)分析が必要だ」と語った。玉城氏は、政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対を貫く方針だが、「オール沖縄」系の市長は県内11市のうち宮古島市のみとなり、支持基盤の弱体化は顕著。玉城氏を支える県議は「那覇市長は沖縄の政治環境を変える影響力がある。盛り返していくのはかなり厳しくなる」と危機感をあらわにした。

 知念氏は豊富な行政経験から自身を「即戦力」と強調。陣営には、推薦した自民、公明のほか、「オール沖縄」勢力を離脱した保守系政治家や経済人も加わった。「オール沖縄」の支援で2期務めた現職の城間(しろま)幹子市長(71)も後継として知念氏を支持。自民党国会議員は「市長の支持表明は無党派層に影響し、勝利への大きな流れにつながった」と分析した。

那覇市長選での自身の当選を報じた新聞を見る知念覚氏=那覇市で2022年10月24日午前8時50分、喜屋武真之介撮影 拡大
那覇市長選での自身の当選を報じた新聞を見る知念覚氏=那覇市で2022年10月24日午前8時50分、喜屋武真之介撮影

 知念氏は選挙戦で辺野古移設への賛否を明言しなかった。24日朝の取材でも「県政に課された重大な課題。どう解決していくのか注視していきたい」と述べる一方で、自身の意見は就任後も示す考えがないことを強調した。玉城県政との関係については23日夜、「是々非々で臨む。対立とは考えていない」とした。

 敗れた翁長氏は2014~18年に知事を務めた故・翁長雄志(たけし)氏の次男。辺野古移設反対や子育て支援の拡充を訴えたが、23日夜、記者団の取材に「ひとえに私の全て、人間力含めて政治家としての力不足だ」と語った。【比嘉洋、喜屋武真之介、竹林静】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest