Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

SUZUKI新規格用ワンオフインテーク配管、エアクリセット 人気が高い

SUZUKI新規格用ワンオフインテーク配管、エアクリセット
SUZUKI新規格 k6A用 インテーク配管 ワンオフ品 ステンメッシュエアクリ付き 純正はプラスチック製ですが、 こちらはワンオフステンレス 製品の配管になります。 インタークーラーは付きません。 ご購入頂いて車両から取り外し発送 準備致します。
第三者委員会の清田晃生委員長(右)から調査報告書を受け取る大西一史熊本市長=熊本市中央区で2022年10月24日午前10時1分、栗栖由喜撮影 拡大
第三者委員会の清田晃生委員長(右)から調査報告書を受け取る大西一史熊本市長=熊本市中央区で2022年10月24日午前10時1分、栗栖由喜撮影

 2019年4月に熊本市立中1年の男子生徒(当時13歳)が自殺し、事実関係などを調べていた市設置の第三者委員会は24日、小学6年時の担任による不適切な指導の影響で発症・悪化したとみられる抑うつ状態が自殺の一因とする報告書を大西一史市長に提出した。第三者委は、生徒が担任の暴言や暴力を直接受けたという証拠はないが、クラス内で不適切な指導にさらされ続けた環境が背景にあったと判断した。

 生徒は、市立中に入学直後の19年4月18日に命を絶った。両親は「市立小6年時の担任だった男性教諭の不適切な指導が関連している」と訴え、市は第三者委を設置。児童精神科医の清田晃生(あきお)氏を委員長とする第三者委は同級生とその保護者、教職員ら72人に聞き取りするなどして報告書をまとめた。

 報告書によると、小6の担任は18年4月、生徒の友人の胸ぐらをつかんで引っ張るなどの体罰を加え、友人は登校が困難になった。友人はその後、転校を余儀なくされた。第三者委の調査に、教職員の一人は「仲の良かった友人がいつも怒られ、追い詰められていく理不尽さに、正義感の強かった生徒のストレスは日増しに増幅していったのではないか」と述べた。

 第三者委は、胸ぐらをつかむなどの体罰や「バカ」「アホ」といった暴言を繰り返す担任の言動に、生徒を含む子供たちは恐怖心を抱いていたと指摘。登校を渋って医療機関を受診したり、頻尿などの不調をきたしたりした子もいたという。同僚の中には、担任からの無理な要求などで体調を崩したり、児童への不適切な指導を見て市教委に相談したりした教職員もいた。

 生徒は6年になって長時間トイレにこもるようになり、円形脱毛症になるなど体に変調をきたした。忘れ物で怒られないよう全部の教科書を毎日ランドセルに詰めて登校していたという。

熊本市の大西一史市長(左端)に報告書を提出する第三者委の清田晃生委員長(左から3人目)ら=同市役所で2022年10月24日午前10時1分、樋口岳大撮影 拡大
熊本市の大西一史市長(左端)に報告書を提出する第三者委の清田晃生委員長(左から3人目)ら=同市役所で2022年10月24日午前10時1分、樋口岳大撮影

 命を絶つ約1カ月前の19年3月にはノートに「死」などと書かれているのを別の教諭が見つけ、校長に報告したが、校長は保護者に伝えなかった。第三者委は生徒が6年の1学期から変調をきたし、2学期以降は徐々に睡眠障害や食欲・集中力の低下などの抑うつ症状が悪化したと推認した。

 市教委が認定した担任の体罰や暴言などは6年時以外も含め40件に上った。第三者委は「生徒が担任から直接暴言や暴力を受けたという明確な証左はない」としながらも「担任の不適切な言動にさらされ続け、子供が精神的に傷つき、教職員も体調を崩す環境で学校生活を送っていた」と判断した。

 校長らは繰り返し指導したとするが、報告書では、効果が十分ではなかったと指摘。「担任を適切に指導し、是正させていれば、生徒の抑うつ状態の発症・悪化を防げた可能性がある」とした。一方、担任は記載内容の全てを認めているわけではないとしている。

 生徒の母親(48)は記者会見で「調査報告書によって、起こった事実を多くの方が共有し、再発防止策につなげることが必要。この報告書は私たち遺族にとっては慰霊碑のようなもの。二度と起こらないよう皆さんの記憶の中にとどめてもらいたい」と語った。【樋口岳大、栗栖由喜】

 ◆相談窓口

児童相談所全国共通ダイヤル

 189=年中無休、24時間

24時間子供SOSダイヤル

 0120-0-78310(なやみ言おう)=年中無休、24時間

チャイルドライン

 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

子どもの人権110番

 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest