Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

いすゞ117クーペフューエルフィルタ 100%品質

いすゞ117クーペフューエルフィルタ
いすゞ117クーペ フューエルアッセンブリ、フューエルフィルタ わかる方のみ購入お願いいたします。 暗所にて新品未使用のまま保管しておりました。
「復活 曽呂利寄席」への意気込みを語る桂福団治さん=大阪市中央区で、谷口豪撮影 拡大
「復活 曽呂利寄席」への意気込みを語る桂福団治さん=大阪市中央区で、谷口豪撮影

 上方落語界で最古参の桂福団治さん(81)が26日、「復活 曽呂利(そろり)寄席」を心斎橋角座(大阪市中央区)で開く。権力者を怒らせず、とんちでやり込める面白みがある曽呂利噺(ばなし)をいくつか披露する。

 豊臣秀吉に仕えたとされる曽呂利新左衛門にまつわる一連のとんち噺。江戸時代から人気を博してきたが、現在は演じ手がほとんどいない。次世代への継承に危機感を抱いた福団治さんは、2011年から16年まで「曽呂利寄席」を開催した。得意とする人情噺や、自ら考案した手話落語に集中するため、17年以降は途絶えていたが、26日に82歳の誕生日を迎えるのを機に復活を決めた。

 記者会見で福団治さんは「権力者をとんちで負かすのが痛快。これに取りつかれた」と魅力を語る。「遺言みたいな」と前置きして「曽呂利噺をもう一度再現し、復活させたい」と意気込んだ。

 当日は人情噺も一席披露する。和歌山県の九度山・真田ミュージアム名誉館長の北川央さんと、芸能史研究家の前田憲司さんの対談コーナーもある。午後7時開演。前売り2500円、当日3000円。問い合わせは松竹芸能(06・6258・8085)。【谷口豪】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest