Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

ハコスカ ライトスイッチ GC10 後期 【超目玉】

ハコスカ ライトスイッチ  GC10  後期
ハコスカのライトスイッチになります! 状態は画像の通り綺麗です。 スペアパーツで保管してた物になります。 当時は作動してましたが現在は作動未確認になります。 ご理解頂ける方でお願いします。
1ドル=150円台になったことを示す街頭の為替ボード=東京都中央区で2022年10月20日午後4時40分、吉田航太撮影 拡大
1ドル=150円台になったことを示す街頭の為替ボード=東京都中央区で2022年10月20日午後4時40分、吉田航太撮影

 日本の貿易収支が半期ベースで過去最大の赤字となったのは、世界的な資源高と、歴史的な円安が要因だ。貿易立国の日本にとって有利とされてきた円安が逆に日本を追い詰めている皮肉な実態がある。

 2022年度上半期(4~9月)の輸入額は前年同期比44・5%増の60兆5838億円となり、過去最大になった。ロシアのウクライナ侵攻などに伴い原油や石炭、液化天然ガスなどのエネルギー価格が高騰した影響を受けた。これに対し、輸出額は同19・6%増の49兆5763億円。伸び率は輸入に比べて緩やかなものにとどまり、貿易赤字の拡大につながった。

 貿易立国として輸出を主力に成長を遂げてきた日本にとって、円安は長く貿易黒字を積み上げるプラス要因だった。円安が進むほど海外での価格競争力が上がり日本からの輸出が増えるためだ。

 ただ、状況は変わった。日本企業の海外への生産拠点の移転が進み、円安のプラス効果は薄らいでいる。アベノミクスの下、黒田東彦・日銀総裁が13年から推し進めた異次元の金融緩和の結果、11年10月に1ドル=75円32銭まで急進した円高は徐々に是正されていき、16年度には貿易収支が黒字に転じたが、貿易収支の伸び悩みは明らかだ。

 「生産拠点の海外移転で、円安による輸出の恩恵は限定的になっている」。第一生命経済研究所の永浜利広首席エコノミストはこう指摘し「今年度は新型コロナウイルスによる半導体不足が世界で深刻化し、自動車などの生産が計画通り進まなかった。輸出がさらに下押しされた形だ」と解説する。

 年初に110円台半ばだった対ドルの円相場は現在、30円以上下落している。インフレ(物価上昇)抑制に向けて大幅な利上げを続ける米国と、国内景気を下支えするため金融緩和路線を続ける日本の金利差拡大が主因だが、企業が支払いに充てるドル資金を調達するため円を売っていることも背景にある。

 世界的な資源高の中、円安は輸入コストの上昇に直結する。企業間取引の価格水準を示す企業物価指数は過去最大となっており、食品などの値上げラッシュも続く。円安が貿易赤字を拡大している構図だ。

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎主席研究員は「円安が進むほど、日本企業のドル調達コストは上がる。国際取引をする日本企業はドルを買わざるを得ず、これがさらなる円安を招く悪循環に陥っている」と指摘する。市場ではこのまま円安が止まらなければ、22年度の貿易赤字額は20兆円を超えるとの見方も出ている。

 政府にとっても貿易赤字の拡大は頭の痛い問題だ。松野博一官房長官は20日の記者会見で、貿易赤字拡大への対応を問われると、物価高対策や賃上げに向けた支援に取り組むなどと強調したものの、円安が貿易赤字の拡大を招く構造的な問題には踏み込まなかった。貿易赤字の長期化も懸念される中、日本経済に大きな変革が求められている。【松山文音】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest