Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

シビック eg ek インテグラ DC DB ドラムブレーキトレーリングアーム 全品送料0円

シビック eg ek インテグラ DC DB ドラムブレーキトレーリングアーム
こちらシビッククーペ ej1にて使用していた ドラムブレーキトレーリングアームになります 先日まで使用してましたがディスクブレーキに変えた為出品致します! ハブボルトは2年前に新品に打ち替えています! トレーリングアームブッシュも2年前にクールナッツ製 強化ブッシュに打ち替えています!取り付け位置も車高下げた時の位置に変えているので ブッシュの負担、劣化軽減また、乗り心地等も良くなるようにしてあります! まだまだ使用できるのでオーバーホールベースや 塗り直してリフレッシュするベースとしては充分かと思います!
観光船沈没事故を受けた国土交通省の事故対策検討委員会の第8回会合=2022年10月21日午後2時ごろ、木下翔太郎撮影 拡大
観光船沈没事故を受けた国土交通省の事故対策検討委員会の第8回会合=2022年10月21日午後2時ごろ、木下翔太郎撮影

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故を受け、国土交通省は「乗船者名簿」の作成・保管が義務となる旅客船の対象を拡大する方針を固めた。これまで義務とされていたのは長距離航路の旅客船などで、カズワンのように沿岸を航行するものは対象外だった。21日に開催された有識者による事故対策検討委員会の第8回会合で国交省が案を提示し、了承された。

 船員法上、乗船者名簿は「船長が船内に備え置くこと」と規定されている。ただ、沿岸から遠く離れない航路の船舶は作成・保管は義務ではなく、事業者側の判断に委ねられていたという。

 国交省は、現状ではカズワンの事故のような事態になった場合に、巻き込まれた人たちの身元特定が困難になる可能性があると判断。乗船者名簿の作成・保管が義務となる船舶の対象を広げたうえで、「旅客船事業者が原則として陸上に備え置くこと」とする。新たに義務化する具体的な範囲は今後検討する。

 また、国交省は定員12人以下の遊覧船などの事業を始める場合の手続きについて、これまで届け出制としていたものを登録制へと改めることも決めた。届け出制の場合だと、事業者は事業停止や事業取り消しなどの行政処分の対象外とされている。国交省は処分を科せる事業者の対象範囲を広げ、チェック機能を強化する方針だ。

【木下翔太郎】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest