Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

PIVOT パワードライブ PDX-D1(Dスポーツ コラボモデル) 【内祝い】

PIVOT パワードライブ PDX-D1(Dスポーツ コラボモデル)
pivot POWER DRIVE D SPORTSコラボモデルです。 ダイハツのKF-VETエンジン用です。 初心者でも簡単に取り付けできるダイハツKFターボエンジン用サブコンになります。 装着することで、10馬力ほどパワーアップし、体感できるほど速くなります! 【性能実測値】出力:64→76PS ※ノーマル→レベル7 ※コペン(LA400K) MT車 ハイオクガソリンにて測定 【性能実測値】0-100km/h:16.8→14.6秒 ※ノーマル→レベル7 ※コペン(LA400K) MT車 ハイオクガソリンにて測定 対応車種 コペンLA400K14.06~ キャストLA250S/LA260S15.09~ ムーヴLA150S/LA160S14.12~ タントLA600S/LA610S13.10~ ウェイクLA700/LA710S14.11~ など LA400KコペンMTにて2021年9月から半年ほど使用しました。 両面テープと結束バンドはありませんので、100均等でご準備お願いします。 状況によりお値段下げたいと思いますので、値下げ交渉についてはご遠慮いただけますようお願い致します。 #ダイハツ #サブコン #pivot #dsport #LA400K #コペン #Dスポーツ #DSPORT #車 #ターボ
【ヤクルト-オリックス】ヤクルトの高津臣吾監督=神宮球場で2022年10月23日、幾島健太郎撮影 拡大
【ヤクルト-オリックス】ヤクルトの高津臣吾監督=神宮球場で2022年10月23日、幾島健太郎撮影

 プロ野球の日本シリーズは第2戦が23日、東京・神宮球場で行われ、セ・パ両リーグでともに2連覇したヤクルトとオリックスが対戦した。

 日本シリーズといえば、フル回転するエースの姿が思い浮かぶ。近年では2013年の楽天・田中将大。レギュラーシーズンで24勝0敗という歴史的な記録を作った田中は、勝利投手になった第2戦に続き、第6戦に先発。160球で完投した末に黒星がつき、もう登板機会はないと思われた。だが、第7戦で星野仙一監督が力強く交代を告げて九回のマウンドに送り出されると、無失点で締めて胴上げ投手になった。

 歴史をさかのぼれば、1958年の西鉄・稲尾和久は第1戦で4回3失点で敗戦投手となった後、第3戦からの5試合に登板。そのうち4試合を完投し、1試合を7イニングのロングリリーフと、今では考えられない起用に応えてチームを逆転日本一に導き、「神様、仏様、稲尾様」とたたえられた。

【ヤクルト-オリックス】オリックスの中嶋聡監督=神宮球場で2022年10月23日、猪飼健史撮影 拡大
【ヤクルト-オリックス】オリックスの中嶋聡監督=神宮球場で2022年10月23日、猪飼健史撮影

 以前は第1戦に先発した投手は第4戦、第7戦と計3回の登板が期待され、救援に回ることも少なくなかった。だが、投手の分業制が進んでからは先発投手の登板はおおむね2回で、救援に回ることも見られなくなった。

 今年の第1戦はヤクルト・小川泰弘、オリックス・山本由伸の両エースが投げ合った。小川が度重なるピンチをしのぐ粘りの投球で勝利を引き寄せた一方、2季連続で「投手4冠」の山本は左脇腹の違和感を訴え、緊急降板となった。山本は悔しさをこらえつつ「早めに(違和感に)気づけたので、それだけ良かったのかなと思う」と言う。

 昨年の日本シリーズは予告先発を採用していなかったものの、中嶋聡監督は第5戦に勝って2勝3敗として望みをつなぐと、第6戦の先発をエース山本に託すと異例の「公表」。山本も9回1失点と魂の投球を見せたが、頂点には届かなかった。今年もここぞというところで、再び山本はマウンドに上がるのか。最後まで手に汗握る好ゲームを期待したい。【村社拓信】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest