Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

エクリプスクロス クリアランスランプ(右) 【国内発送】

エクリプスクロス クリアランスランプ(右)
エクリプスクロスのクリアランスランプになります。 特に大きな傷等はありません。(主観) 状態は写真で判断下さい。 中古品となりますので、基本クレーム、リターンは基本受け付けません。 また対応も致しませんのでご了承下さい。 ご理解の上、ご購入お願い致します。宜しくお願い致します。
1ドル=147円台になったことを示す街頭の為替ボード=東京都中央区で2022年10月22日午後0時52分、西夏生撮影 拡大
1ドル=147円台になったことを示す街頭の為替ボード=東京都中央区で2022年10月22日午後0時52分、西夏生撮影

 21日のニューヨーク外国為替市場で円が対ドルで急落し、日本政府・日銀が円買い・ドル売り介入に踏み切った。円相場は21日深夜から22日未明にかけて1ドル=151円90銭台から146円20銭台まで一気に6円近く円高方向に値を戻した。政府・日銀は9月22日にも約24年ぶりとなる円買いの為替介入を実施しており、過度な為替変動を阻止する姿勢を改めて示した。

 岸田文雄首相は22日、訪問先のオーストラリア西部パースで記者団の取材に応じ、「政府としては投機による過度な変動は容認できない。過度な変動に対しては適切な対応をとっていく」と述べた。介入の有無は明らかにしなかったが、複数の関係者は同日、毎日新聞の取材に対し、介入したことを認めた。

 円相場は10月20日に心理的節目とされる150円台を付け、バブル景気終盤の最安値圏だった1990年8月以来、約32年ぶりの円安・ドル高水準を更新。21日のニューヨーク市場では一時90年7月以来の円安水準となったが、その後、急速に円を買い戻す動きが強まった。米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)が利上げのペースを緩めるとの観測が米紙の報道で広がったことも円買いを後押しした。

 日本政府は急激な円安がエネルギーや食料品などの輸入価格を押し上げ、日本経済に打撃を与えることを警戒している。鈴木俊一財務相は「投機による過度な変動は容認できない」として繰り返し市場をけん制していた。【大久保渉(ワシントン)、青木純(パース)、高橋祐貴】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest