Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

ハイエース200系6型用 流れるドアミラーウインカー アウトレット品 新着商品

ハイエース200系6型用 流れるドアミラーウインカー アウトレット品
AVESTのハイエース6型用流れるドアミラーウインカーです。 商品番号:AV-069 左側ウインカーを取付け途中で取付けを中止したため、左側ウインカーのみ配線加工済みです。(写真2枚目) 若干傷があります。(写真4枚目) 右側ウインカー、延長配線は未使用です。 ご理解いただける方、お願い致します。 点灯機能は左右とも問題ありません。 ※お値引きはできかねます。 ウインカーはインナークローム、オプションランプ(デイライト風機能)は白色です。 カバーの塗装は070:パールホワイトです。 カバーとウインカーレンズのセット品となります。 純正ドアミラー本体は付属致しません。 【適合車種】 TOYOTA ハイエース 200系(2020年5月マイナーチェンジ以降) 【VAN】 S-GL / DX "GLパッケージ" 【WAGON】グランドキャビン / GL ※VAN DX・WAGON DX・COMMUTERはメーカーオプションの電動格納式リモコンドアミラー装着車のみ取付可 ※純正パノラミックビューモニター・ヒーターミラー(寒冷地仕様)は支障なく使用できます。 ※説明が抜けている部分もあると思いますので、詳しくはAVESTのオフィシャル通販サイトをご覧ください。商品コード:AV-069 ※コメントへはなるべく敏速に返答しますが、都合により返答が遅くなる事がございます。また、商品説明に記載のある事や値引き交渉には返答しないことがございます。 ※以前動作不良で返品交換を求められる事がありましたが、こちらはメーカー保証がないためお安く出品しております。 念のため出品前に動作確認をしておりますが、取り付けミスやお車の状態によっても動作不良が起こることがあります。 初期不良・動作不良がありましても返品交換・返金はできませんのでご理解いただける方のみご購入ください。 AV-069
ロータリーを走る1963年製のレトロバス「MR430」=北海道旭川市で2022年10月21日、土屋信明撮影
ロータリーを走る1963年製のレトロバス「MR430」=北海道旭川市で2022年10月21日、土屋信明撮影

 前タイヤが2軸4本の旭川電気軌道のレトロバス「MR430」(1963年製)が21日、ツアー客を乗せて44年ぶりに北海道旭川市内を走った。東川町の自動車整備工場で眠っていた車体を、同社が昨年6月から部品などを集めて復元した。

 「MR430」は約60年前に、三菱ふそうが全国で14台製造。動く車両はこの1台しか残っていない。全長約12メートルで、カタログ表記では最大110人乗ることができる。1978年に現役を引退し、バス愛好家に引き取られ屋内で保管されていた。

1963年製のレトロバス「MR430」のエンジン=北海道旭川市で2022年10月19日、土屋信明撮影
1963年製のレトロバス「MR430」のエンジン=北海道旭川市で2022年10月19日、土屋信明撮影

 昨年6月に同社に引き取りの申し入れがあり、創立100年記念事業として復元を決めた。ボディーはさびてボロボロだったため手作りで復元し、約3000本のリベットも打ち直した。エンジンとトランスミッションは代替部品がなく、最終的に車体の約9割を作り直した。復元には延べ8000時間、約2800万円かかったという。

 21日にお披露目を行い、同社の河西利記社長は「復元に多くの方の協力をいただいた。地域の活性化のためにこのバスを活用したい」と述べた。その後、バスはかつて路線バスとして運行していた同市末広東-旭川駅間約6キロを、東京などから応募したツアー客約30人を乗せて走った。同社はバスを共栄バスセンター(同市東旭川町)で展示するほか、ツアー客を乗せて臨時運行する予定。【土屋信明】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest