Company nameNATiAS Inc.
LocationHead Office
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 3F

R&D/Process Development/Pilot Mfg. Lab
〒650-0047
5-5-2 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Kobe international business center 2F

GMP Mfg. Lab/Quality Control Lab
〒650-0047
7-1-6 Minatojima-Minamimachi,
Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Medical Device Development center 3F
Date of establishmentOctober 2, 2015
CEOMasanori Kataoka

アウディTT 8J テールランプ 8Sスタイル シーケンシャルウインカー 【期間限定特価】

アウディTT 8J テールランプ 8Sスタイル シーケンシャルウインカー
アウディTT8J用  左右セット  8Sスタイル シーケンシャルウィンカー  ファイバーフルLED レッドクリアー  SPYDER製 定価79800円 今年の9月8日に車から外しました、外す迄正常に動いていましたし、外すときに再度動作確認を、行っております。 取り外す時に撮った、スモールライト時とわかりにくいですがウィンカーが流れている画像をあげておきます。 左の車側のカプラーが焼けて溶けていてバイパスでつないでいたので、左テールランプのカプラーの線が1本ギボシ接続になっています、画像10枚目で確認下さい。 カプラー焼けは、このテールランプに変える前なので、こちらの商品のカプラーは、左右ともに焼けなどなく正常な状態です。 レンズ部分は比較的キレイだと思います。 裏側は、掃除をしたのですが、形が歪で落としきれていない汚れもあります。 新品ではありませんし、車に取り付けて使用してきたものになります。 レンズ面に、割れやカケ、傷、ヒビなどは見受けられませんが、個人確認の為見落としもあるかも知れません。 画像をよく確認し納得した上でのご購入宜しくお願いします。
【オリックス-ヤクルト】六回表、交代となり渋い表情でベンチに向かうオリックスの先発・宮城=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影 拡大
【オリックス-ヤクルト】六回表、交代となり渋い表情でベンチに向かうオリックスの先発・宮城=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影

◇ヤクルト―オリックス(25日・京セラ)

 緩急も制球も自在だったが、五回に捕まった。オリックスの先発左腕・宮城大弥が、シリーズ不振だったヤクルトの山田哲人に3ランを浴び、顔をしかめた。

【オリックス-ヤクルト】力投するオリックスの先発・宮城=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影 拡大
【オリックス-ヤクルト】力投するオリックスの先発・宮城=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影

 登板前は「めっちゃ緊張しています」と話していたが、なんのその。一回から内外角の制球とカーブを有効に使った緩急で、四回まで2安打に抑えた。

 表情をあまり変えず、堂々としたマウンドさばきの内には、熱い思いもあった。11勝を挙げた今季、父享さんとの約束へ一歩踏み出した。6月に「一般社団法人 宮城大弥基金」を設立。沖縄県内の経済的に苦しい家庭の子どもがスポーツを続けられるよう支援する活動を始めたのだ。

 沖縄県宜野湾市で生まれ、4歳のころから野球を始めたが、享さんは交通事故に遭って左腕に障害を負い、定職に就けない時期があった。ユニホームは使い回し、県外の大会出場に必要な遠征費を立て替えてもらったこともある。「プロになったら家庭の事情で野球をやめていく子どもたちをサポートしよう」と享さんと約束した。

【オリックス-ヤクルト】五回表ヤクルト2死一、二塁、山田(奥)に3点本塁打を打たれ、打球の行方を追うオリックスの先発・宮城=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影 拡大
【オリックス-ヤクルト】五回表ヤクルト2死一、二塁、山田(奥)に3点本塁打を打たれ、打球の行方を追うオリックスの先発・宮城=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影

 迎えたシリーズ第3戦。序盤は好投をみせた。しかし、五回にピンチを招き、2死までこぎつけたが3巡目に入った1番・山田に内角へ厳しく行った球をうまくすくわれた。1敗1分けでシリーズを左右する大一番で、持ち味は発揮したが六回途中3失点でマウンドを降りた。悔しさが残る登板となった。【荻野公一】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest